人気ブログランキング |


旅好きが更に深まってきました。写真・鉄道を中心に、食べ物飲み物、自分なりにまとめていきます。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
鉄道[東急]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 01月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

きゅーだいてんのお気に入りサイト

自転車関係のサイト
ジンセイハフリースタイル-まるRRさん
プレスポな日々-
はにわ野郎さん

クロスバイク情報-
オッサンAさん

本気で自転車通勤!!-ringer21さん
オレチャリDIARY-
龍弥さん

とらです-とらさん

鉄道関係のサイト
西武鉄道
小平中央駅-
東京遊歩人さん

(新)小平中央駅・業務日誌-東京遊歩人さん
Japanrail<鉄道写真ブログ>-jre233231235さん
写真活動記Ⅰ-ミヤさん
田無撮鉄会館-(・∀・)さん
Rail&Contrail-れいこんさん
三界に家無し-syuusuiさん

~ランキングバナー~
以下のランキングサイトに
参加しています。
もしよかったら
ポチっとお願いしますー

日本ブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


鉄道コム

鉄道コム


後でそちらに
お伺いします...
おきてがみ

Twitterも併せてどうぞ。
https://twitter.com/eastjapanzero

Instagramはじめました。
https://www.instagram.com/n.e.t_eastjapanzero/

撮影機材
ニコン D7500,D5500・iPhone5s

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(36)
(35)
(21)
(19)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)

画像一覧

タグ:E653系 ( 3 ) タグの人気記事

特急いなほグリーン車乗車記

お久しぶりです。

働くようになってからは相変わらず忙しい日々を送っています。
休日でかけることがあっても、ブログ執筆をする体力が残っていないことが多く、放置気味になってしまい申し訳ないです。





さてここから今回のお題の特急いなほのグリーン車について。
f0263864_21421536.jpeg
f0263864_21422922.jpeg
特急いなほがE653系になり、これまでの伝統色であった上沼垂色からうって変わって日本海に沈む夕日と沿線に実る稲穂をイメージした派手めなカラーリングになったのは見ての通りですが、車内空間が広くなったり、車両の揺れが少なく乗り心地が良くなり、トイレ等の設備が新しめなものとなったりと、従来に比べて劇的にサービスレベルが向上したと言えるでしょう。

f0263864_21424704.jpeg
まずは言うまでもなくメインの設備となるシート関連について。
写真の明るさは前後で全然違いますが、グリーン車を2回利用した時の写真を両方使っているからです。まぁお気になさらず。
座った時に身体が沈み込む快感、いくら脚を伸ばしても大丈夫なところ、揺れや音が少なくやはり流石グリーン車と言ったところ。
特筆すべきはシートピッチの広さ。数字にして1500mmほどあるそうですが、実際に身長170cm弱の管理人が乗り、脚をめいいっぱい伸ばしてもまだ届かないくらいに恐ろしく広い足元。旅の荷物を足元に置いてもまだ余裕のあるスペース。
グリーン車が相手であろうともこの足元の広さは他を圧倒するものでしょう。
ただ、この余裕の空間を持っているのなら、フットレストかレッグレストは欲しかったところです。フットレストやレッグレストが無いことを微妙に思っている方もいるでしょうし、特急や新幹線では普通車であろうとも靴を脱いでしまう派の管理人としても惜しい点だと感じました。
加えて、座席1列ごとに仕切りが設けられているため、後ろに座る人に気を遣いながらリクライニングをする必要がなく、気兼ねなくシートをリクライニングし放題なのはかなり良いです。実際、特急や新幹線などのリクライニング可能な有料列車において、リクライニングしすぎは後ろの方から苦情が入ることもありますから、後ろに座る方へ気を遣いながら控えめにリクライニングする方は大勢いらっしゃいますし、管理人にもその一面はあるので、仕切り板はポイントが高いと思います。
シート自体は相応に柔らかく、身体を包み込むような乗り心地はクセになってしまうほどです。寝れるのではと思ったくらいです。一方で、座席付属の枕は最近のグリーン車としては若干硬めだった印象でした。
特急いなほグリーン車の座席配列は大窓1枚ごとに座席1列なため、大窓1枚に対し座席2列の普通車に比べて視界がものすごく広く、海側に着席していれば時間帯が合えば日本海に沈む夕日が見れたりもします。
今となっては珍しい2列+1列の座席なため、一人での乗車にも最適ですし、1人掛け席の利用は相応に見受けられた印象でした。ちなみに、1人掛け席は山側にあるため、日本海の眺望を求めるのであれば、2人掛け席を選ぶといいでしょう。




f0263864_21430758.jpeg
E4系旧塗装時代が描かれたパッケージだったので、思わず買ってしまいました(笑)
確か新潟限定ということで、良いお土産にもなりました。


f0263864_02005959.jpeg
例に漏れず当たり前のごとくコーヒーを発注。
JR東日本の特急/新幹線のコーヒーはいつも期待を裏切らない味な上、列車に乗っていて時間が経つにつれ温度が変化していくごとに味の変化が楽しめるという点もまた醍醐味であります。

f0263864_21432467.jpeg
f0263864_21433764.jpeg
グリーン車には新潟寄り出入り口付近にフリースペースがあります。
下手をすれば乗車時間が3時間を超える時間となるので、席を時々立ち、リフレッシュする場所があることは評価すべき点です。
f0263864_21435521.jpeg
テーブルには飲み物置き場もあるため、景色を眺めつつ一服することも出来ちゃいます。

最後にまとめ。
課題はいくつかあるものの、普通車に比べてこれだけの快適さや高いサービスレベルを享受出来るので、特急いなほはグリーン車を利用しない手は無いと感じました。新潟から秋田で普通車指定席にプラス3000円程度で乗れてしまうので、特急いなほを長距離長時間の利用の際には是非ともグリーン車の利用をお勧めします。自分も特急いなほを利用の際には積極的にグリーン車に乗っていきたいと思います。

ではまたお会いしましょう。本日はこの辺で。


by eastjapanzero | 2017-11-05 02:31 | 旅行記 | Comments(0)

E3系R1編成引退&E653系基本編成新潟へ

どうも、久しぶりです。
テスト勉強(と称した怠け)で更新をおそろかにしてしまったN.E.Tです。
私がブログを更新しないでいた間、懲りずに私のブログを訪問してくださった方へ。
更新をサボッていて申し訳ありませんでした。


さて、私にとって、テスト勉強で忙しい今、とてもテスト勉強には集中出来ない
話題が飛び込んできました。
情報の回りが早い鉄道のことなので、もう遅れた話になってしまったかも。

まず1つ目は、E653系基本編成(7両編成)が新潟車両センターに転属し、
いなほとして今年の秋から運行開始するという話題。
E653系K301編成が、各種改造を既に終え、1000番台となったのは
既知の事実ですね。
1000番台は、こんな塗装に変更されるそうです↓。
f0263864_1553570.jpg

とにかく塗装が派手だなぁ。
一部の鉄っちゃんの中では、この塗装、「フルーツ牛乳」と称されているそう。
フルーツ牛乳、皮肉った表現に思えますが、この塗装、フルーツ牛乳がピッタリw。
こんな画像が無くても、実物や写真や動画などで本物の1000番台を把握している
方はたくさんいらっしゃるでしょうけど。
JR東日本新潟支社のプレスリリースよると、E653系1000番台 7両×8編成が
2013年秋頃からいなほの一部列車に投入が開始されるそう。
すなわち、E653系の基本編成全てが1000番台化してしまうということです。
1000番台化前のE653系(基本編成)の記録はお早めに!
もちろん、郡山車両センターで1000番台への改造が今年の秋までに全編成に
施工出来るわけもなく、改造が終わった車両かららいなほへ投入を繰り返し、
2014年度末~2015年前後にいなほがE653系に統一されるでしょう。
要は、プレスリリースにも書いてある通り、1000番台は2013年秋から順次投入
ですから、1000番台で運転されるいなほが段々増えてゆくってわけですね。

...E653系が新潟車両センターに投入されるということは、この記事をお読みに
なっている方はもうお分かりでしょうが、新潟車両センター所属の485系が激減
することも意味します。
もし、新潟車両センターの485系がE653系1000番台の総編成数(8編成)と
同じ編成数だけ廃車されるならば、新潟車両センターに所属する485系111両
のうち、8編成48両(=6両×8編成)が廃車されることとなり、新潟車両センターに
所属する485系が111両から63両に激減します。
廃車対象は、485系1000番台(T18・K1・K2以外)となるでしょう。
3000番台(R編成)と比べたら改造項目が少ないからこう予想しました。
私、E653系がいなほに投入されたら、新潟の485系が激減することは
予感していました。こう計算してみると、激減具合が鮮明に分かりますね。
なんだか危機感が出てきました。
新潟車両センターの485系上沼垂塗装(特に1000番台)の記録はお早めに!

お次は、E3系0番台R1編成引退の話題です。
JR東日本秋田支社のプレスリリースよると7月20日のこまち36号を最後に
こまちの運行から引退するそうです。
「こまち」からの引退なので、やまびこやなすのの運用で走るかもしれませんね。
もしそうなったとしても今年の早いうちに廃車されるでしょうけど。あくまで予想です。
こまちの年齢と、私の年齢、ほぼ同じなので、こまちは新幹線の中でも特に愛着が
あるんですよ。私。
あと、E3系0番台、R5・R6・R7編成が廃車・解体されてしまったそうです。
    R5編成
    R6編成
    R7編成
  今までありがとう。

秋田新幹線開業から
     16年
  お疲れ様でした。

 そして、さようなら。
その他にも廃車・解体がされている編成もいるようで、R5・R6・R7編成の他にも
廃車された車両がもうすぐ出てくると思われます。もしかしたらこの3編成の
他にももう廃車が出ているかもしれません。
だらだらと駄文を書いてしまい、申し訳ありませんでした。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
最後に、ポチッとお願いします。
f0263864_19352428.gif

f0263864_19361433.png


追記:
2013.6.30に加筆しました。
by eastjapanzero | 2013-06-29 19:39 | 鉄道[JR] | Comments(0)

E653系による快速ぶらり高尾散策号など

去る5月25日、E653系によって快速ぶらり高尾散策号が運転されました。
まず、快速ぶらり高尾散策号について。

快速ぶらり高尾散策号とは、JR東日本(=東日本旅客鉄道・
East Japan Railway Company)が常磐線沿線からの高尾山登山客向けに
運行する臨時列車のことである。
高尾山登山客向けということは、高尾山の観光シーズンである5月と11月の
土・日・祝日に運行される。
5月は新緑の季節、11月は紅葉の季節なので、観光シーズンということになる。
また、高尾山内にある薬王院への初詣客向けに1月にも運行される。
停車駅は、今年の快速ぶらり高尾散策号の場合、以下の通りに運行された。
日立駅-常陸多賀駅-大甕駅-東海駅-勝田駅-水戸駅-赤塚駅-友部駅-石岡駅
-土浦駅-牛久駅-佐貫駅-取手駅-柏駅-立川駅-八王子駅-高尾駅
ちなみに、「大甕」は「おおみか」と読む。
この列車の停車駅には常磐線と中央線の駅のみが設定されているが、武蔵野線も
経由する。昔は武蔵野線内の西国分寺駅・東所沢駅・北朝霞駅・南浦和駅
・南越谷にも停車していたみたいだ。
この列車が常磐線内を走っている時は非常にややこしい。
なぜなら、快速ぶらり高尾散策号の常磐線内の停車駅の電光掲示板で、
「快速 日立行」と表示されて、他の快速列車と区別が難しいからです。
この列車は、去年までは勝田車両センター所属の485系K60編成が使用されて
いたが、今年はE653系K307・K308編成が使用されました。
某インターネットフリー百科事典には「2013年5月からはE653系が使用されて
います。」と書かれています。
これ、おかしいと思いませんか? JR東日本のプレスリリースで「E653系基本編成を
数編成勝田車両センターに残す」と発表されているならば話は別ですが、
基本編成全てが新潟車両センターに転属するであろうE653系が今後も
快速ぶらり高尾散策号に使用され続ける可能性は非常に低いのではないでしょうか。
私は、今回の列車は「新潟へ行くまでの一時的処置」と捉えています。
私の考えに間違いがあった場合、コメントしていただければありがたいです。
ただ、改めて調べてみたら、E653系の基本編成は、新潟車両センターの485系の
T・R編成を(T18・R26・R27・K1・K2編成以外)全て置き換えるには
編成数が足りません。
おそらく、置き換えるとしたら、T18・K1・K2編成を除く485系1000番台
全てではないでしょうか。新潟車両センターに1000番台は10編成います。
10編成から置き換え対象外と予想される3編成を引くと、7編成となります。
ですから、もしかしたらE653系基本編成を1本だけ勝田車両センターに残す
ということが発生するかもしれません。私は無いと思いますが。
私だったらR編成のどれか1編成をE653系1編成を使って置き換えますね。
置き換えの対象はT編成が真っ先に挙がるかと思いますが、R編成もじきに
置き換えなくてはならない時期になってきました。
鉄っちゃんの間でよく言われる「13年の法則」にあてはまるからです。
「13年の法則」とは、古い鉄道車両が延命改造されてから走り続ける年数の
目安です。
485系3000番台(=R編成)は、1997年に秋田総合車両センター(当時:土崎工場)
で改造されたので、「13年の法則」に当てはめると、2010年時点でその法則が
当てはまってしまいました。ですから、あまり改造がされていない1000番台が
先に置き換えられるのでしょうが、R編成もいつ置き換えられても
おかしくない状況なのです。どのような方法で置き換えられるか分かりませんが。


話が逸れました。
この日は、ニューなのはなとE653系を撮影しました。その間にEH200を。

????レ
f0263864_21455065.jpg

F7.1 1/1000sec ISO320

f0263864_21483669.jpg

F7.1 1/1250sec ISO320


これらの列車を見送った後、本日のお目当てのE653系をパチリ。
f0263864_21494286.jpg

F7.1 1/1250sec ISO320

これにて、本日の鉄活動は終了。
E653の影響からか、撮影地には13人くらいがいたかな。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
この長い記事を最後まで読んでくださった優しい方は
よろしければ1ポチお願いします。
f0263864_2154038.gif


追記:
You Tubeでの動画公開を始めました。
この日に撮影した動画(快速ぶらり高尾散策号の通過動画)を
You TubeにUPしました。見たいと思った方は上記のリンクからどうぞ。

[2016.8.9追記]
「とにかくズームすればいいや」
っていう未熟な意思が写真から手に取って分かりますね。
あとホワイトバランスかな、なんだか色味が変。もうちょっとなんとかならなかったものだろうか。
by eastjapanzero | 2013-05-28 21:55 | 鉄道[JR] | Comments(0)