人気ブログランキング |


旅好きが更に深まってきました。写真・鉄道を中心に、食べ物飲み物、自分なりにまとめていきます。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
鉄道[東急]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 01月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

きゅーだいてんのお気に入りサイト

自転車関係のサイト
ジンセイハフリースタイル-まるRRさん
プレスポな日々-
はにわ野郎さん

クロスバイク情報-
オッサンAさん

本気で自転車通勤!!-ringer21さん
オレチャリDIARY-
龍弥さん

とらです-とらさん

鉄道関係のサイト
西武鉄道
小平中央駅-
東京遊歩人さん

(新)小平中央駅・業務日誌-東京遊歩人さん
Japanrail<鉄道写真ブログ>-jre233231235さん
写真活動記Ⅰ-ミヤさん
田無撮鉄会館-(・∀・)さん
Rail&Contrail-れいこんさん
三界に家無し-syuusuiさん

~ランキングバナー~
以下のランキングサイトに
参加しています。
もしよかったら
ポチっとお願いしますー

日本ブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


鉄道コム

鉄道コム


後でそちらに
お伺いします...
おきてがみ

Twitterも併せてどうぞ。
https://twitter.com/eastjapanzero

Instagramはじめました。
https://www.instagram.com/n.e.t_eastjapanzero/

撮影機材
ニコン D7500,D5500・iPhone5s

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(36)
(35)
(21)
(19)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)

画像一覧

<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2019/01/12-13 南東北非電化路線乗り鉄旅 1日目 前編

お久しぶりです。

しばらく休止状態となっておりました。
その間色々ありましたが、それはひとまずさておくとして、先日の旅のことをまとめようかと思います。




***************



個人的な話になりますが、今月誕生日を迎える私。

今年の自分への誕生日祝いは、旅にしたいと思い、行き先に選んだのは、これまで縁遠かった南東北地方。

加えて、南東北地方には、未だ乗ったことの無い非電化路線が結構な数ありましたので、それらの路線へ乗り、余裕があれば沿線を歩いてみよう、という方針で計画をしました。




12日早朝。西武線の始発でJR方面へ向かいます。

f0263864_14465038.jpg
国分寺駅からJRです。
ここから帰還するまで、鉄道はずっとJR路線に揺られることになります。


余談ですが、私は早朝の中央線が好きだったりします。
早朝以外の乗車ですと、大抵の場合でそれなりに混雑していることの多い中央線ですが、種別が快速ではなく各駅停車となる早朝は、比較的空いています。もちろん終点が近づくにつれ、立ち客が出る程にはなりますが(笑)
その比較的空いている車内で、高架区間のロングレール上を滑らかに走っていく様が好きなんです。混んでいると、それをあまり楽しめない感があるので、ある意味で早朝限定な気がします。
この余談は以上で。


余談で察しがつくかもしれませんが、まず目指すは東京駅。
今回は結果として、初乗車尽くめな旅となりますが、それはここから始まります。
f0263864_15011469.jpg
上野東京ライン 8番線にやって来ました。


f0263864_15022297.jpg
発車標の画像で答えを発表したようなものですが、まずはひたち1号で北上します。

ひたち号はおろか、E657系自体、今回が初の乗車となります。

f0263864_15041619.jpg
車内が比較的空いていたので、一枚。

料金的にグリーン車と普通車で少し迷いましたが、やはり初の乗車は普通車から、という思いがあったので普通車で。
車端部の席を選び、しばし寛ぎながら移動します。


f0263864_15081145.jpg
座席上のランプ。
空席/指定済/まもなく指定区間 これのいずれかを示すものですが、同様のモノを2017年12月、E353系 スーパーあずさ乗車時に見たものの、稼働していなかったので、実際に稼働している姿を見たのは初かもしれません。

ちなみに、空席表示を示す赤ランプが点灯している座席が隣席である場合に、その座席に荷物を置く乗客が相応に多く見受けられました。

このランプを用いた指定/座席未指定の制度は、自由席料金が無いために料金体系が分かりやすくなる上、乗車区間によってはこれまでの指定席料金よりも安価に済む場合もあります。
加えて、乗車時に座席が空席か指定済かを把握することが出来るので、私はこの新しい乗車方法に感心しました。




少し本題から逸れてしまったので、本題の旅について話を戻します。
f0263864_15203101.jpg
自宅から持ってきました(笑)
ノンアルコールなので、朝から500ミリ缶をグビッと飲んじゃいます( ̄▽ ̄;)






f0263864_15245536.jpg
本日の朝食は、東京駅の駅弁屋 祭で購入した、江戸甘味噌カツサンドです。


f0263864_15243089.jpg
振り返れば、朝からカツサンドか?(笑)と思いましたが、朝から食べても大丈夫なほど、口当たりにしつこさは無く、まろやかな江戸甘味噌で味付けされた、歯切れが良く、程よく脂の乗ったトンカツは大変美味でした。
750円と決して安くはないものの、それだけの値段のことはあり、質は伴っています。
たくさんは食べられないけれども、せっかくの旅には美味しいものを、という方には是非おすすめしたいです。
私としても、小腹を満たしたい今回の需要にはぴったりでした。



f0263864_15314721.jpg
スマホ写真な故、暗い画像で失礼します。

今回も例に漏れず車販のコーヒーに貢ぎましたとさ。
最早、これに貢ぐのが義務とさえ感じる程の美味しさ。
稀に、同じJR東日本系列の車販コーヒーでも、ハズレがあるものの、今回は結構な上位のアタリだったと思います。他の列車で飲んだ時よりも、若干深めの焙煎度からなのか、香ばしさがより深く、飲みごたえ十分でした。
5年半ほど前に、初めてJR東の車販コーヒーを飲んだ時の感動を思い出させてくれる、そんな一杯でした。

反射的にMサイズを注文しましたが、1回目のワゴン巡回が土浦を過ぎてからだったので、飲み切るのが割とギリギリでした(笑)
(しかも、カツサンドや麦のくつろぎと同時並行で(笑))




そしてそんな至福のひとときはあっという間に終わりを迎え...
f0263864_15403217.jpg
水戸へ到着。
ここでは休憩と、後の行程に備えて昼食を購入しておきます。

少々時間があるので、駅周辺を散策してみることに。

f0263864_15454062.jpg
水戸黄門像。
これを見るのは恐らく3度目ほどでしょうか。2度目は記憶が曖昧なので割愛しますが、1度目は、3年ほど前に、偕楽園へ観梅に訪れた時だったと思います。

黄門様とはここでお別れ。



続いて、黄門様とは反対側の南口へ。
f0263864_15504274.jpg
「水戸の納豆記念碑」というものなのだそうです。ちなみにグーグルマップに載っています(笑)(※私はそれを見て行ってみたという(^^;))

面白い見た目ですね。


そんなキラキラした納豆ともお別れをし、駅の建物へ戻ります。


f0263864_16111423.jpg
お店の外観画像のみで失礼します。

ハースブラウンさんにて、昼食を調達していくことにしました。パン屋さんです。

購入したパンは、これから先の列車内で食べた為、写真は撮りそびれてしまいましたが、どれも手作り感あるパンでした。
ちなみに北口方面には神戸屋もあるので、双方比較してみるのも面白いかもしれません。



f0263864_16170501.jpg
そして改札へ戻ってきました。これから乗り鉄旅の再開です。



f0263864_16183237.jpg
冒頭に、非電化路線に乗る方針を掲げましたが、それはこの水戸から始まります。

写真右側の、黄帯を巻いたキハE130が走る、水郡線です。

f0263864_16270253.jpg

f0263864_16271688.jpg
せっかくなので、乗車列車の1本前の常陸太田行をお見送り。



f0263864_16282269.jpg
f0263864_16283109.jpg
こちらが乗車する列車です。
4両編成のうち、先頭1両が郡山行で、後ろ3両は途中の常陸大子駅で切り離しです。先頭の号車に乗車します。

ちなみに、1両単独車(以下単車)と、2両で1ユニットの車(以下ユニット)で、側面の帯色が異なり、単車は赤帯、ユニットは緑帯となっております。
組成は←常陸大子 キハE130-5+キハE130-6+キハE132-4+キハE131-4 です。列車番号は329D。


9時22分。発車時刻となりました。

水郡線だけでなく、キハE130自体も初乗車でしたが、まず驚かされたのはその静粛性。これまで乗ったことのあるキハ40系列やキハ110よりもかなり静かでした。
キハ110に比べてもエンジン音は乾いた音色で、発進時の前後衝動はかなり少なめでした。惰性走行の域に達すると、まるで新系列電車のような乗り心地でした。



1時間少々の乗車の後、列車は常陸大子駅に到着。
切り離し作業を見学するため、一旦ホームへ。

f0263864_16460424.jpg
まず幌を切り離した後、


f0263864_16484116.jpg
f0263864_16485521.jpg
解結をします。
増結や切り離しがある列車に乗車する機会はたまにありましたが、こうして見学することはかなり久しぶりだったと思います。

解結の直後にすぐさま再乗車。それから程なくして列車は発車します。





f0263864_17010910.jpg
途中通った近津駅。棒線化がなされた駅のようで、棒線化工事後に余った線路がこうして放置されておりました。

水郡線にて、近津以外にも棒線化された駅が結構あるようです。




f0263864_17063257.jpg
レトロな駅舎が印象的で、車内から写真を撮った川東駅。
時刻は既に12時を過ぎており、目的地が近づいてまいりました。




12時33分。正確には若干の遅れで34分を回ろうとしていましたが、郡山へ到着。
これで水郡線は支線を除き完乗達成です。

これから乗る計画の列車には、乗換時間が少なくなっているので、小走りで次なるホームへ。
f0263864_17144782.jpg
水郡線を降りてから9分弱の光景。



f0263864_18004030.jpg
そのおよそ3分後。

というわけで、ここからは東北新幹線 やまびこに乗車です。
9163B やまびこ163号 盛岡行。U6編成です。

郡山駅というと、在来線・新幹線、双方で訪れたことのある駅ですが、いずれも乗換目的。いつかは駅の外も歩いてみたいなと。
また、郡山から下り東北新幹線に乗ることは初めてです。


f0263864_19262938.jpg
流石にここで座れなければ、後々洒落にならないと思ったので、大事をとって指定席を取りました。(やまびこ号の指定席も初めてです。)
年末年始を中心に設定されている臨時列車(臨時の旨の放送もありました)なためか、乗車した号車の乗客はそこまで多くはなかったです。

この写真も空席が多かった故に撮れた写真ですが、流石新幹線用車両の座席ということもあり、朝方に乗車のE657系よりも掛け心地は良い印象を受けました。
あと、足元が思いの外広く感じました。

651系に比べ、E657系はシートピッチが10mmほど狭くなったようですが、(乗車前・執筆時に座席探訪さんを参考にしました) 車端部席でリクライニング角度に余裕があったお陰もあり、さして狭さを感じませんでした。
が、E5系の1040mmものシートピッチは更に余裕を感じました。常陸大子辺りからの2時間ものボックス相席の後だったからでしょうか。これまで5回ほどはあったE5系普通車の乗車機会の中で、最初に乗った2011年初夏の時の感動が蘇ってくるかのような快適さでした。


・・・少し熱くなってしまいましたね(;^ω^)
まぁとにかく、久々のE5系は快適でした。
新幹線自体、5ヶ月少々ぶりの乗車でしたし、300km台の速度感はすごく新鮮でした。

この車内で、水戸で購入したパンを食べ、次なる行程に備えることとします。



南東北地方に突入するまでで、結構な長さになってしまいましたので、一旦ここで区切ることとします。

次回は東北新幹線を下車するところからお送りします。

by eastjapanzero | 2019-01-16 20:08 | 旅行記 | Comments(0)