旅好きが更に深まってきました。写真・鉄道を中心に、食べ物飲み物、自分なりにまとめていきます。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
鉄道[東急]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

きゅーだいてんのお気に入りサイト

自転車関係のサイト
ジンセイハフリースタイル-まるRRさん
プレスポな日々-
はにわ野郎さん

クロスバイク情報-
オッサンAさん

本気で自転車通勤!!-ringer21さん
オレチャリDIARY-
龍弥さん

とらです-とらさん

鉄道関係のサイト
西武鉄道
小平中央駅-
東京遊歩人さん

(新)小平中央駅・業務日誌-東京遊歩人さん
Japanrail<鉄道写真ブログ>-jre233231235さん
写真活動記Ⅰ-ミヤさん
田無撮鉄会館-(・∀・)さん
Rail&Contrail-れいこんさん
三界に家無し-syuusuiさん

~ランキングバナー~
以下のランキングサイトに
参加しています。
もしよかったら
ポチっとお願いしますー

日本ブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


鉄道コム

鉄道コム


後でそちらに
お伺いします...
おきてがみ

Twitterも併せてどうぞ。
https://twitter.com/eastjapanzero

Instagramはじめました。
https://www.instagram.com/n.e.t_eastjapanzero/

撮影機材
ニコン D7500,D5500・iPhone5s

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(19)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)

画像一覧

<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

上信153F製造50周年記念列車 後編

大変長らくお待たせ致しました。

上信153F製造50周年記念列車 後編です。

前編はこちら になります。


諸般の事情により執筆が遅れてしまいました。
この空白の間にも様々な出来事がございましたので、それは別の機会を設けてご紹介出来たらと思います。



さて、前編にて、記念列車が下仁田駅に到着するまでの様子をご紹介致しましたが、今回はその続きから。

f0263864_17420873.jpg
当駅での停車時間を利用し、再び撮影会が始まります。

当貸切の主役、153Fと、現在は運用を外れている155Fとの並びからスタート。

撮影会の冒頭は、図らずも豪華な並びとなりました。



f0263864_11104323.jpg
今回は、撮影係の役割を授かっての参加でしたので、参加者皆様がとても熱心に撮影されている姿を1枚。
右下のピースサインは幹事グループ共通の友人(当貸切参加者)の友情出演です(笑)

そして撮影会は続きます。




撮影会が安全且つ円滑に進む中、合間を縫って下仁田駅前のレストラン ヒロへ。
f0263864_11154149.jpg
いつも、下仁田を訪れたら無意識的に買ってしまうソフトクリーム。今回の主役、153Fを背景に一枚。
(以前にもこちらで紹介しておりました 2017/7/16 上信電鉄沿線グルメ小ネタ Vol.1)

団臨の楽しみ方は人それぞれ。乗って車窓や走行音を楽しむのも良し。西武鉄道ファンの仲間と西武談義に花を咲かせるのもまた良し。

私は私なりに、大好きなソフトクリームと153Fとのコラボが叶い、とても思い出に残る一枚となりました。

失敗を一つ挙げるとすれば、カメラの絞りを失敗して少々ぼかしすぎたことが反省点ですね( ̄▽ ̄;)







皆様が熱心に撮影されている中、私も情景写真から切り替え、一旦今回の主役の撮影に転じたところ、このような姿に。
f0263864_11302158.jpg
なんと!

これも西武ファンにはアツいエコレールマークではありませんか。

153Fが西武801系時代には当然縁が無かったこのエコレールマーク。
一味も二味も違うスパイスが加わったことで、各所から驚きの声があがると共に、撮影会の盛り上がりは最高潮に。

エコレールマークHMを作成し、当貸切にご提供くださった参加者様、本当にありがとうございました。重ねて感謝申し上げます。






f0263864_11423448.jpg
西武顔2並びをアップで。
2018年に現役のこの顔たちを並べられる貴重さと贅沢さを味わいながら。





f0263864_11453429.jpg
f0263864_11453965.jpg
f0263864_11454655.jpg
HM交換タイムとなり、副幹事のふーたろさんが交換を担当するシーン。

奥武蔵HMに貼り付けていたこともまた、西武らしさが滲み出ています。






f0263864_11474863.jpg







f0263864_11482854.jpg
役目を終え、下仁田駅構内に佇むエコレールマーク。当貸切の記念HMを添えて。








f0263864_11493989.jpg
普段走行中に掲出のワンマン種別板ではなく、西武時代のワンマン種別板です。
現役の西武顔に装着出来る喜びを味わいながら。




f0263864_11560098.jpg
撮影にも、熱が入ります。






f0263864_11571441.jpg
HMは奥武蔵のままですが、何やら見慣れぬ種別板がありますね。




f0263864_11581790.jpg
実はこちらも、当貸切の目玉「お絵描き種別板」でございます。

まず第一に描かれたこの顔、西武界隈ではアツいぐでたまの気だるい表情を描いたものです。大変場が盛り上がり、消すのが惜しい程でした。
一筆頂いたきしゃ日和さん、ありがとうございました!

モノの説明といたしましては、種別板の金具を作成し、板の部分には表はホワイトボード、裏は黒板が装着されております。
とても斬新で、独創性とユーモアにあふれるこの仕掛品、私が初めて見た時は大変驚きましたし、その豊かなアイデアにただただ感心するばかりでした。

お絵描き種別板を作成した幹事 えふえすさん。良い仕事でした!





f0263864_12162742.jpg
参加者の皆様には、他にもお絵描きがとてもお上手な方がいらっしゃったので、お誘いしましてこちらも。

東京メトロ銀座線がお好きとのことで、銀座線の車両がベースとなったオリジナルキャラクター(オリキャラ)だそうです。

一筆頂いたカステラさん、ありがとうございました!






f0263864_12234953.jpg
そして、副幹事 ふーたろさん作成の回送種別板を掲出です。





f0263864_12244367.jpg
ふーたろさんは、この種別板を、幾重の苦労を重ね、手塩に掛けて作り上げていました。私も、種別板作成現場を見届けたことも何度かあります。

それだけに、種別板交換の際、彼が回送種別板を大切に握りしめている姿は絶対に撮っておきたい1枚でした。





そして、下仁田駅での1時間半強の休憩・撮影会が終わり、貸切列車は発車時刻を迎えました。





f0263864_13273229.jpeg
室内灯が消灯されています。

これは、幹事グループの先輩にあたる西武鉄道ファンからの提案がきっかけでした。
「かつては日中、長いトンネルなどを除いて、室内灯を消灯し、運行されていたので、今回の153F団臨で再現出来るなら、是非やってほしい。とても良いタイムトリップ体験になりそうだから。」

私はこの話をふーたろさんから聞くまでは、かつての日中室内灯消灯での運行は知る由もなく、その内容には驚きました。

今回は、前述した光景が展開されていた頃の西武鉄道を知る、西武鉄道ファンに向けた貸切でもあったことから、実現に至りました。

その当時を知る先輩曰く、室内灯消灯時は、駅の跨線橋の下では本が読めないくらい暗かったそうです。

暗い車内に浮かぶ、いくつも連なった日の字窓のシルエット。

揺れる車内で、とっさに撮った安定感が無い構図の写真で失礼致しますが、当時の雰囲気を感じていただけた参加者様がおられたようでしたので、一幹事としてとても良かったと思っております。

長くなってしまいましたが、この場面の紹介の締めとして、このアイデアをご提案くださった方のお言葉をご紹介致します。

「過去は自慢で終わるのではなく、語り継がれ、若い世代が次の世代へと伝えていくものだと思います。」

とても胸に刺さる、メッセージ性の強いお言葉でした。
微力ながら、次の世代へと語り継ぐお手伝いが出来たこと、誇らしい思いです。








f0263864_01101137.jpeg
種別板を代表とした仕掛品たちを机の上に並べ、参加者様とふーたろさんで記念撮影。

都合上、表情はお隠ししておりますが、皆様とてもにこやかで満足気なご様子で、写真を撮った時と、その写真を再び見た時、あまりの嬉しさに泣きそうになったことを鮮明に覚えております。




f0263864_13342690.jpeg
ずらっと並んだ種別板達。壮観です。





f0263864_13362563.jpeg
貸切列車は時に大きくうねりながらも、終点高崎に向け、ひた走ります。



そして、列車は上州富岡に到着。

復路は終点高崎まで、ドア扱いをしない代わりに、上州富岡での10分ほどの停車時間を利用し、運転台公開が行われました。

f0263864_13491477.jpeg
広角レンズを駆使し、全体を1枚で。



f0263864_13485124.jpeg
私は幹事メンバーであったため、これ以外の機会でも運転台に立ち入ることは可能だったのですが、私は撮影係という使命を与えられたからこそ、当貸切の思い出を記録に残すことに全力を挙げ、運転台への立ち入りはこれと事前準備の時のみでした。

それでも、50周年を迎えた153Fの運転台に入り、写真を撮れたこと。とても貴重な体験でした。




そして、貸切列車は上州富岡を発車。

沿線にて、走行写真担当の参加者様から見送られつつ、終点 高崎へ到着。

長くも短かった高崎から下仁田を往復する旅は終わり、当貸切の締めである、上信電鉄 高崎車両区での撮影会が始まります。


f0263864_15002404.jpeg
前編にて紹介した団臨冒頭の場面は、有り難いことに、準備中の153Fと入区中の151Fとの並びが実現していましたが、撮影会においても153Fと151Fとの並びが実現致しました。
上信電鉄様には感謝するばかりです。本当にありがとうございました。




f0263864_15370437.jpeg
当貸切オリジナルの、153F50周年記念HMを強調した構図を一枚。背景には151Fを添えて。

これ以降、撮影会場をふーたろさんに任せて、私きゅーだいてんとえふえすさん、主催の北陸の食パンさんは車内の撤収作業に入ります。


*******************


盛況の中、撮影会は終了し、当貸切の全行程が終了致しました。


最後に、私からご提案をさせて頂いた、参加者全員での記念撮影を行いました。
f0263864_01263931.jpeg
小さく写っているとは言え、皆様の表情が入った写真でございますので、解像度は低めでお送りしております。

締めで行ったこの記念撮影もまた、皆様のとてもにこやかで満足気な表情には、とても感動させて頂きました。

やり甲斐を深く感じると共に、参加者の皆様と、このひとときの夢のような時間を共にすることが出来、本当に良かったと思えた瞬間でした。





f0263864_01325673.jpeg
最後に、参加者様のご厚意により、幹事メンバーのみの記念撮影をさせて頂きました。






f0263864_02092928.jpeg









f0263864_02120114.jpeg
f0263864_02134634.jpeg
今回お世話になった153Fが検修庫入りするシーン。

名残惜しさを残しつつ、去り際の姿を最後まで見届け、当貸切は終了となりました。





参加者様がお帰りになられる直前、車両区に佇む元西武車たちを何枚かスナップ。


f0263864_02203412.jpeg



f0263864_02210536.jpeg



f0263864_02213360.jpeg




当貸切を企画し、準備を進める際、他の幹事メンバーとはたくさん会い、たくさん話し、構想を練りました。貸切のことが頭から離れず、眠れない夜もありました。


そして当日を迎え、皆で相談し、決めた行程を進める中、幹事メンバー全員が、初めてのことばかりを経験していたことでしょう。


振り返れば、至らぬ点は多くあったものの、準備段階でご協力を賜ったKUSUさんすぴなーさん、その他大勢の方々と、当日お越し頂き、喜んで下さった参加者の皆様の支えがあったからこそ、今回の貸切を成功させることが出来ました。重ねて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


終了後、幹事メンバー全員が集い、皆が「また同じメンバーで貸切やりたいね」と揃って口にしていました。

次はいつになるのか。もっと言うなら次はあるのか。
まだ先のことは分からないのですが、再び同じメンバーが集い、このような場を設けることが出来たなら、今回のように、とても楽しく、充実したひとときを過ごせるよう、幹事一同、より一層努力を重ね、皆様をお待ちしております。


ここまで長々とお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
今後も不定期の更新となりますが、ツイッター等での更新通知を致しますので、また読んで頂けたら幸いです。

以上、上信153F製造50周年記念列車 後編でした。

[PR]
by eastjapanzero | 2018-05-25 02:47 | 鉄道[上信電鉄] | Comments(0)

ファイア 冴えわたるキリマン(2018)

こんばんは。

当ブログでは、久しぶりに缶コーヒーレビューです。

ツイッターのあるフォロワー様に、「きゅーだいてんさん(ツイッターでは以前よりこのHNでした)の缶コーヒー本、読んでみたいです」とのお言葉を頂戴してから、いずれ、自らの缶コーヒーレビュー本を世に出す下準備として、缶コーヒーを買い、写真を撮って飲み、感想を書くことを日々繰り返しております。

今回は、その序章として、今年4月発売のキリン 冴えわたるキリマンのレビューをご紹介したいと思います。

f0263864_21430385.jpg
キリン ファイアの2018年新商品。今回の冴えわたるキリマンは、ショート缶コーヒーのヘビーユーザー向けに開発された商品とのこと。まさに私自身のことでは、と思いつつ、味わいます。

キリッとした締まりのある苦味に、コーヒーの味わいを引き立てるミルクと砂糖の名脇役感。
ほんのりと甘く、さっぱりとしていて喉越しスッキリでありながら、コーヒーの香ばしさをしっかり感じることが出来ます。これは、衝撃的でもあり、新感覚でした。

苦味を特長とする製品は、優劣の差が激しく、初めて飲む製品の場合、少々不安要素にもなるのですが、当製品は口にした瞬間、感動すら憶える程のクオリティでした。両立し難い飲みやすさと飲みごたえを、見事に両立しているのです。

パッケージにある「キリッと苦く、甘さ控えめ」。これに尽きます。
ブラックがお好きな方も、甘めなコーヒーがお好きな方も、コーヒー好きならば、どこか琴線に触れる味ではないでしょうか。

一缶コーヒーファンとして、強く推したい一本です。



口にした時の感動と美味しさを、長くなりすぎず、凝縮させた文章をまとめるのは中々難しく、1本飲むだけでは結論が生まれないこともしばしば。
今回の冴えわたるキリマンも、2本飲んでやっとカタチにはなりましたが、もっと良い文章にしたい思いもあります。


また進歩があれば、こうして試験的に載せるかもしれません。その時はよろしくお願いします。ではまた。

[PR]
by eastjapanzero | 2018-05-02 22:01 | 食レポ・コーヒーレポ | Comments(0)