旅好きが更に深まってきました。写真・鉄道を中心に、食べ物飲み物、自分なりにまとめていきます。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
鉄道[東急]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

N.E.Tのお気に入りサイト

自転車関係のサイト
ジンセイハフリースタイル-まるRRさん
プレスポな日々-
はにわ野郎さん

クロスバイク情報-
オッサンAさん

本気で自転車通勤!!-ringer21さん
オレチャリDIARY-
龍弥さん

とらです-とらさん

鉄道関係のサイト
西武鉄道
小平中央駅-
東京遊歩人さん

(新)小平中央駅・業務日誌-東京遊歩人さん
Japanrail<鉄道写真ブログ>-jre233231235さん
写真活動記Ⅰ-目蒲急行さん
田無撮鉄会館-(・∀・)さん
Rail&Contrail-れいこんさん

~ランキングバナー~
以下のランキングサイトに
参加しています。
もしよかったら
ポチっとお願いしますー

日本ブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


鉄道コム

鉄道コム


後でそちらに
お伺いします...
おきてがみ

Twitterも併せてどうぞ。
https://twitter.com/eastjapanzero

Instagramはじめました。
https://www.instagram.com/n.e.t_eastjapanzero/

撮影機材
ニコン D7500,D5500・iPhone5s

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(20)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

画像一覧

2017/12/3 団臨「ネギ列車」 後編

こんにちは。
世は年の瀬、慌ただしい日々を送る方が多いと存じておりますが、当の私は幸か不幸かゆったりとした年末を過ごしております。
ただただ時間の流れに身を任せぼーっとしているだけではもったいない気がしてきたので、先日の下仁田ネギ列車の後編をまとめることとします。

前編はこちらから↓

前編にて紹介の通り、ネギ列車が下仁田に到着後、下仁田駅にて50分程度の停車時間があり、その間に見どころがいくつかありました。
f0263864_14353581.jpg
前編でもご紹介したデハ204と155Fの並び。サービスしたいただけたのか155Fのライトがしばし点灯状態でした。これは美味しい。



f0263864_14550550.jpg
面縦も。ヘッドライト点灯といい、両パンタ上げといい、とても良いものを見させていただきました。






f0263864_15011855.jpg
わずかな停止位置のズレで、155Fの影がデハ204のお顔にかかってしまっていました。
これを惜しいとおっしゃる方が多くいらっしゃいまして、私も少なからずそう思う節はありましたが、こればかりはしょうがないですし、ならばと望遠でお顔の一部をこうして切り取ると、案外悪くない仕上がりになりました。







f0263864_15064516.jpg
「よし!」





f0263864_15090917.jpg
クハ304側はこれからの復路に向け急行西武新宿仕様に。主催者様のKUSUさんが入念に確認しておりました。


f0263864_15100945.jpg





f0263864_19434967.jpg
続いて、これまたタイミング良く下仁田駅にて構内入れ替えが始まりました。





f0263864_19453756.jpg
両パン、そしてヘッドライト点灯。JRより107系が譲渡されたことによって150形の先行きが危ぶまれる中でのこの素晴らしき姿!感動せずにはいられませんでした。

恥ずかしながら151Fの両パン自体、そう多く見ることが出来たわけではないので、感慨もひとしおでした。







f0263864_20031800.jpg



f0263864_20044711.jpg









f0263864_20054106.jpg
続いて155Fも。151Fとのコラボという点でも、次に見られる機会に恵まれるか分からないと思うと、シャッターを押さずにはいられませんでした。






f0263864_20101829.jpg
魚眼レンズだからこそ写し取ることの出来る三並び。いずれの車も、今後どうなることか...。







f0263864_20381007.jpg
最初本来の趣旨を理解しておらず、恥ずかしながら外からの写真しか撮っていなかったので分かりにくいのですが、これは車内から見ると赤電に見えるというサプライズなのでした。





f0263864_20454983.jpg
貸し切り列車と言えど使用しているのは営業車両。人力で丁寧に原状復帰です。




そして発車時刻となり、高崎に向けネギ列車は走り出しました。
f0263864_21083310.jpg
表情はお隠ししておりますが、楽しく談笑されている様子を1枚。特製行先表示がタイムスリップ感を醸し出しています。





f0263864_21171045.jpg
トイレ休憩を兼ねた上州富岡での停車時間。人とは違う写真が撮りたいと魚眼を携えてホームへと降りてみたら、こんな写真が撮れました。手を挙げるタイミングと、太陽の位置、そしてシャッターのタイミング。偶然ながらも全てが揃い完成した写真です。遊び写真ながらも手応えを感じる一枚でした。






f0263864_21222620.jpg
晩秋の上州の風景を堪能しつつ、段々と旅の終わりが近づいてまいりました。





f0263864_21244566.jpg
高崎に到着です。旅の余韻を味わいつつ、この後しばし撮影会です。







f0263864_21301490.jpg
偶然にも、こちらもまた風前の灯火の115系がゲスト出演。私がとっさに思いついた構図はこの縦位置の構図でした。



f0263864_21375000.jpg
影ってはいますが153Fも交えた三並び。








f0263864_21451238.jpg







そして、岡部真実さんをモデルとした撮影タイムとなりました。
f0263864_21392168.jpg
f0263864_21395024.jpg
f0263864_21402143.jpg
結構急いで撮ったのもあり、駄作となってしまい甚だ申し訳ない思いではありますが、さすがタレントさん。多くのカメラマンさんを目の前にしても物怖じ一つせずしっかり笑顔とポージングをしてくださいました。その一つ一つの所作には余裕さえ感じられ、流石だなと思った次第です。




特製行先方向幕の数々。
f0263864_21461937.jpg
f0263864_21464986.jpg
f0263864_21481320.jpg



そして撮影会が終わりへと差し掛かった頃
f0263864_21501054.jpg
これは、今回ネギ列車に参加した方で最年少の少年に、電車に近寄る特権を与えるとのことで、主催者KUSUさんが安全ベストを着せる瞬間の一コマです。
こうしたサービス精神も含めての団臨なんだと身をもって感じた次第です。






f0263864_21544977.jpg





f0263864_21551937.jpg




f0263864_21554928.jpg
盛況の中、団臨ネギ列車はお開きとなりました。




最後に、この日の夕食として頂いた上信電鉄謹製の上デキ弁当についてご紹介です。
f0263864_22013301.jpg
f0263864_22021839.jpg
紙の保存状態が悪く、くしゃくしゃな画像で申し訳ありません。
弁当の内容と共に、デキの歴史も掲載されております。



f0263864_22050455.jpg
パッケージはとても凝ったつくりで、デキを模した見た目となっております。




f0263864_21575584.jpg
f0263864_21584000.jpg
お次はお弁当の中身です。
私的にはホルモン揚げとだし巻き卵が好みでした。
鶏むね肉のカツ丼は、購入後時間が経ってから食したのもあってか少々パサついたようにも感じました。
保存性と美味しさ、相反するものなのですが、これを両立したらばもっと訴求力のあるお弁当になるなぁと思いました。



今回、初めて団臨列車に参加したわけですが、特製サボに方向幕、下仁田での豪華な入れ替えの光景に、談笑に華が咲く賑やかなな車内。西武鉄道を強く意識した車内アナウンス。最初から最後まで全てにおいて楽しめることばかりで、この上なく満ち足りた気持ちだったことを今でも鮮明に覚えています。

またこのような列車があるのなら、是非とも参加し、皆様とこの充実した時間を共有したいものです。

これにて下仁田ネギ列車シリーズは終了となります。
今年は更新ペースが鈍ってしまったものの、記事を書く度に読んでくださる方が多くとても励みになりました。この場で感謝申し上げます。

本年もありがとうございました。またどうぞ来年も、当ブログをよろしくお願いいたします。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-12-29 22:17 | 鉄道[上信電鉄] | Comments(0)

2017/12/3 団臨「ネギ列車」 前編

お久しぶりです。
実は、しばらく温めてきた話題がありまして、納得のいく写真の用意と心の整理がついたので一つ、今月初頭に上信電鉄にてKUSUさん主催の団体臨時列車「ネギ列車」に縁あって友人経由でありがたくお誘いを頂戴したので、二つ返事の後に参加し活動した記録をご紹介します。


f0263864_23002054.jpg
この日の撮り初めは2021Fのモハ2222。遠くへ行く時に初っ端が国分寺線利用だと、高確率でこの子なんですよね。不思議な縁を感じます。
地上駅舎とこの番号との絡み、いずれ日常ではなくなることを意識しながら。

そして、途中で友人グループと合流の後、車で一路群馬へ。
各々好きな音楽を流し、談笑に花を咲かせつつ目的地へと向かうその道のりは大変楽しく充実した時間でした。幸先のよいスタート。

そして目的地である高崎に到着。電車に比べ圧倒的に早く快適に着けたせいか、高崎へ降り立った瞬間は群馬、そして高崎に来たんだという実感が湧きませんでした。
f0263864_23062279.jpg
今回の主役はこちら。デハ204。




f0263864_23122771.jpg
f0263864_23131176.jpg
今回の団臨のための特製サボに白Hゴム再現。質の高さに大変驚き感心したものと記憶しております。



f0263864_23155564.jpg
反対側のクハ304もしっかりとした装いで。



f0263864_23172970.jpg


f0263864_23191498.jpg
上信電鉄に譲渡され留置されている107系の脇をすり抜けて、上信電鉄高崎駅へ。こんなに間近で車両を観察出来ることはなかなかに貴重だと感じました。



f0263864_23220460.jpg
さぁいよいよ、長くも短い楽しい時間のスタートです。






f0263864_23292096.jpg
f0263864_23295025.jpg
出発前、デハ204とEF81が一瞬並ぶという光景が見られました。やはり貴重なワンシーンだったようで、各所から歓声があがっていました。





f0263864_23350031.jpg
お弁当とオードブルが用意され、出発の準備が整いつつある車内。







f0263864_23384840.jpg
出発。




f0263864_23393745.jpg
今や貴重となった現役の非冷房列車。蛍光灯に扇風機と通風口のシンプルな屋根まわり。





f0263864_23445426.jpg
f0263864_23450041.jpg
f0263864_23450842.jpg
列車は下仁田に向け揺れながらも順調に田園風景の中を走り抜けていきます。

そして今回は特別ゲストがいらっしゃるとのことです。
f0263864_23492623.jpg
f0263864_23494089.jpg
そのお方はタレントの岡部真実さんです。聴く話によるとCMやテレビ、ラジオの出演経験が多数あるそうで、今回は団臨ネギ列車に添乗し乗客にお酌をしてまわるという特別サービスがありました。それにしてもお綺麗な方で、今回の団臨にまさしく文字通り華を添えてくださいました。





f0263864_23572573.jpg
そしてお弁当を頂く時間となりました。
私的にはこのメニューの中ではすき焼きがものすごく好みでして、ネギも下仁田ネギだけのことはあってか豊かな甘みと口の中でとろける食感はたまらなく美味しかったです。





f0263864_00020909.jpg
f0263864_00022680.jpg
それぞれの旅。それぞれの時間。




f0263864_00102207.jpg

f0263864_00105566.jpg

いくつかすれ違いを重ねながら、下仁田へと向かう列車。






f0263864_00110852.jpg
下仁田に向け、ラストスパートをかけながら山の中を駆け抜けるぶどう色。






f0263864_00112644.jpg
下仁田に到着です。1時間程度の乗車時間でしたが、流れゆく風景を眺めたり、写真を撮ったり、下仁田ネギに舌鼓を打ちつつ乗客さんたちと談笑していたりいたらあっという間の1時間でした。楽しい時間ほどあっという間に過ぎてゆくものですね。




長くなりそうですので一旦ここで一区切り。
これ以降の出来事は後編にてご紹介しますのでお楽しみに。





~今回の団臨にご参加のブロガー様の記事のご紹介~
TOMOの鉄日誌 さん

ひがしむらやま551 さん


[PR]
# by eastjapanzero | 2017-12-21 00:20 | 鉄道[上信電鉄] | Comments(0)

2017/11/19 IKTMへ

こんばんは。

今日は幸いにも仕事が早めに終わったので、せっかくならと新鮮な話題から一つ。


執筆当時から1日前の11月19日のことをこれから紹介するのですが、ここまで早く書きしたためるのはかなり久しぶりだなぁと。このような好調さが今後も続くといいのですが、急がず焦らずじっくりと。やれる時にやれるだけ。マイペースにいきます。




11月19日 日曜日。この日はかねてからの願いであった東急線の撮影へ。東横線の直通先(100%西武)で東急車を撮影したことを除くと、おそらく一度も撮影したことが無かった路線です。何故これまで行ってこなかったのかが不思議に思うところですが、きっと他の路線にかかりきりだったのでしょう。鉄道以外にもやることはたくさんありましたし。

そんなわけで、行ってきました。今回は"IKTM"(池多摩)と称される東急池上線・多摩川線エリアへ。
ブログでも繋がっていて、東急線に精通している目蒲急行さんにご案内していただきました。

f0263864_20445896.jpg
[1017F]
まずは多摩川線から。
リバイバルカラーが1発目でした。

当初から晴れたり曇ったり。



f0263864_21022136.jpg
[7905F]
これが今回の目的でした。7700系。コルゲートなステンレス車両。乗るにも撮るにも大変魅力的な車両です。


f0263864_21064250.jpg
f0263864_21071830.jpg
f0263864_21080257.jpg
晴れない時もそこそこ多かった印象です。







f0263864_21090257.jpg
f0263864_21093232.jpg
だからこそ、遊ぶんです。

曇ることを、「光線が関係無くなる」と捉えれば、案外幅が広がるようにも思えます。ここイチバンの時の仕上がりは曇ればアレですけどね。








f0263864_21125784.jpg
f0263864_21134808.jpg
蒲田駅にやって来ました。いきなり魚眼で。

この人々の群像と、電車。なんとか1枚に収めてみたかったんです。



f0263864_22042276.jpg
f0263864_22070242.jpg
ステンレス車体の武骨な格好良さを意識しつつ。




f0263864_22091910.jpg
f0263864_22120384.jpg
f0263864_22094741.jpg
f0263864_22102981.jpg
同じ多摩川線ホーム。同じレンズ。

しかしどれも違った構図で。色々な撮り方で楽しめるのが蒲田駅の魅力だったりします。






f0263864_22185179.jpg
f0263864_22185923.jpg
WBの仕上げに迷ったこの写真。
実物に近い色なら上だし、ステンレスの質感や雰囲気重視なら下だし、といった具合で...


f0263864_22210825.jpg
あれこれやって最後まで楽しみ続きで大変面白みのある駅でした。
新たな構図を探しにまた訪れたいものです。




f0263864_22382651.jpg
[7914F]

歌舞伎な7700もまた初見であり初撮影でした。
それにしても晴れた時のステンレスカーの光沢は素晴らしい。

f0263864_22384324.jpg
反対側のクハ7914側はライト台座がステンレス製であることが特徴だそうで、それもまた初期車特有の姿とのことで撮影。反対側のデハ7714のプラスチック製ライト台座と見比べてもこちらの方が一体感を感じます。



f0263864_22491833.jpg
[7906F]
こちらはしっかりと晴れました。一層際立つ格好良さ。




f0263864_22520119.jpg
f0263864_22521080.jpg
f0263864_22522665.jpg
列車が順光ポイントを去った後、後ろを振り返って日常を意識しつつ何枚か。

順光を抑えた後の一連の行動が、シャッターのタイミングまで目蒲急行さんとぴったりシンクロしていたので、考えることが同じなんだなぁと感じました(笑)



f0263864_23001450.jpg
[8629F]
こちらもまた初撮影の東急田園都市線。東急なのに、東急車が来るまで結構待ちました。これもまた田園都市線の日常だそうで(笑)

f0263864_23094798.jpg
こちらもステンレス車体なので、太陽に照らされ輝く姿を撮らないはずがなく。それにしても美しい。

f0263864_23133807.jpg
[2001F]
こちらもレアものであるサークルK車の2000系で〆。


目蒲急行さんのご案内のおかげでたくさん良い体験をすることが出来ました。IKTMエリアは特に魅力を感じたので、7700系たちが新車で押し出されないうちにまた何度か訪問したいなと思いました。加えて、今度は田園都市線の方もしっかり撮ってみたいなと思いました。ぶっちゃけ田園都市線でもっと東急車を撮りたいので(笑)



楽しい週末でした。
これを活力に、また仕事に励む日々の始まりです。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-11-20 23:20 | 鉄道[東急] | Comments(0)

特急いなほグリーン車乗車記

お久しぶりです。

働くようになってからは相変わらず忙しい日々を送っています。
休日でかけることがあっても、ブログ執筆をする体力が残っていないことが多く、放置気味になってしまい申し訳ないです。





さてここから今回のお題の特急いなほのグリーン車について。
f0263864_21421536.jpeg
f0263864_21422922.jpeg
特急いなほがE653系になり、これまでの伝統色であった上沼垂色からうって変わって日本海に沈む夕日と沿線に実る稲穂をイメージした派手めなカラーリングになったのは見ての通りですが、車内空間が広くなったり、車両の揺れが少なく乗り心地が良くなり、トイレ等の設備が新しめなものとなったりと、従来に比べて劇的にサービスレベルが向上したと言えるでしょう。

f0263864_21424704.jpeg
まずは言うまでもなくメインの設備となるシート関連について。
写真の明るさは前後で全然違いますが、グリーン車を2回利用した時の写真を両方使っているからです。まぁお気になさらず。
座った時に身体が沈み込む快感、いくら脚を伸ばしても大丈夫なところ、揺れや音が少なくやはり流石グリーン車と言ったところ。
特筆すべきはシートピッチの広さ。数字にして1500mmほどあるそうですが、実際に身長170cm弱の管理人が乗り、脚をめいいっぱい伸ばしてもまだ届かないくらいに恐ろしく広い足元。旅の荷物を足元に置いてもまだ余裕のあるスペース。
グリーン車が相手であろうともこの足元の広さは他を圧倒するものでしょう。
ただ、この余裕の空間を持っているのなら、フットレストかレッグレストは欲しかったところです。フットレストやレッグレストが無いことを微妙に思っている方もいるでしょうし、特急や新幹線では普通車であろうとも靴を脱いでしまう派の管理人としても惜しい点だと感じました。
加えて、座席1列ごとに仕切りが設けられているため、後ろに座る人に気を遣いながらリクライニングをする必要がなく、気兼ねなくシートをリクライニングし放題なのはかなり良いです。実際、特急や新幹線などのリクライニング可能な有料列車において、リクライニングしすぎは後ろの方から苦情が入ることもありますから、後ろに座る方へ気を遣いながら控えめにリクライニングする方は大勢いらっしゃいますし、管理人にもその一面はあるので、仕切り板はポイントが高いと思います。
シート自体は相応に柔らかく、身体を包み込むような乗り心地はクセになってしまうほどです。寝れるのではと思ったくらいです。一方で、座席付属の枕は最近のグリーン車としては若干硬めだった印象でした。
特急いなほグリーン車の座席配列は大窓1枚ごとに座席1列なため、大窓1枚に対し座席2列の普通車に比べて視界がものすごく広く、海側に着席していれば時間帯が合えば日本海に沈む夕日が見れたりもします。
今となっては珍しい2列+1列の座席なため、一人での乗車にも最適ですし、1人掛け席の利用は相応に見受けられた印象でした。ちなみに、1人掛け席は山側にあるため、日本海の眺望を求めるのであれば、2人掛け席を選ぶといいでしょう。




f0263864_21430758.jpeg
E4系旧塗装時代が描かれたパッケージだったので、思わず買ってしまいました(笑)
確か新潟限定ということで、良いお土産にもなりました。


f0263864_02005959.jpeg
例に漏れず当たり前のごとくコーヒーを発注。
JR東日本の特急/新幹線のコーヒーはいつも期待を裏切らない味な上、列車に乗っていて時間が経つにつれ温度が変化していくごとに味の変化が楽しめるという点もまた醍醐味であります。

f0263864_21432467.jpeg
f0263864_21433764.jpeg
グリーン車には新潟寄り出入り口付近にフリースペースがあります。
下手をすれば乗車時間が3時間を超える時間となるので、席を時々立ち、リフレッシュする場所があることは評価すべき点です。
f0263864_21435521.jpeg
テーブルには飲み物置き場もあるため、景色を眺めつつ一服することも出来ちゃいます。

最後にまとめ。
課題はいくつかあるものの、普通車に比べてこれだけの快適さや高いサービスレベルを享受出来るので、特急いなほはグリーン車を利用しない手は無いと感じました。新潟から秋田で普通車指定席にプラス3000円程度で乗れてしまうので、特急いなほを長距離長時間の利用の際には是非ともグリーン車の利用をお勧めします。自分も特急いなほを利用の際には積極的にグリーン車に乗っていきたいと思います。

ではまたお会いしましょう。本日はこの辺で。


[PR]
# by eastjapanzero | 2017-11-05 02:31 | 旅行記 | Comments(0)

2017/7/16 初夏の上信電鉄 -2017-

ご無沙汰しております。お久しぶりです。

相も変わらず写真を撮るだけで後は何も出来ないという忙しい日々が続いています。
もう1ヶ月近くも熟成(笑)、いやご紹介出来ないだなんてこのSNS全盛の時代において言語道断もいいところではありますがお許しください。
他には何ヶ月熟成(笑)したか分からないネタは山ほどありますし、第一に速報はSNSで済んでしまうのでこちらでしっかりまとめるのは多少鮮度が落ちてでも価値のあるものを書き連ねていきたいという思いもあるので少々古い話題でもご容赦くださいませ。

今回は旅行記カテゴリとあって旅行目線でご紹介します。写真にフォーカスした記事は別でご紹介出来たらと思います。




**************************************



7月16日、この日は知り合い方と上信電鉄へ行こうという計画を実行する日。
意気揚々と早起きし、西武線からの湘南新宿ライン/高崎線でグリーン車課金をし優雅に高崎入り。
f0263864_02190735.jpg
f0263864_02191977.jpg
今回は休日おでかけパスで。




ここでメンバーが勢揃いし初顔合わせも挟みつつでいざ上信電鉄へ。
f0263864_02201785.jpg
上信電鉄区間は一日乗車券で。今回はデキのデザイン入り。





f0263864_01403959.jpg
「東武顔」でしたっけ。丸っこくてかわいい顔を1枚。



ここからは自然豊かな沿線風景を楽しみつつ一路西へ。
f0263864_11022629.jpg
f0263864_11083956.jpg








f0263864_11095498.jpg
第一目的地到着。上州七日市駅。
赴きのある駅舎を1枚。というか左の住居スペースみたいな建物というか構造物は何だろう。有人駅舎の頃の駐在所とかだったのかな。




f0263864_11262463.jpg
目的地付近の踏切にやって来ました。ここでは皆一様に「この踏切は何だ!?平べった!」などと不思議に思い軽く撮影大会でした...笑
自分はこういったタイプの踏切はおそらく初めてではなく、秋田に帰った時か何かに一度は見ていたはずなので、なんか平べったいなーくらいにしか思っておらずそこまで驚かなかったのですが、東京近辺ではあまり見ませんね。(追記:上信電鉄では各所に類似した踏切が存在するようです)


f0263864_11304352.jpg
撮影地付近にひまわりが咲いていました。
こういった普段過ごす東京には無い雰囲気で今改めて写真を見ても安らぎます。田舎、よい。



f0263864_11320900.jpg
麦わら帽子の地元の方を1枚。
田舎のゆったりとした時間の流れと夏らしさを切り取れたかな。






f0263864_11422262.jpg
本来この撮影地に来た目的というのは、写真編にてご紹介する予定の広角アングルで撮るということでしたが、緑色の沿線風景と絡められそうだったので望遠でも1枚。



上下数本を撮った後に上州七日市駅へ戻り。
f0263864_11531006.jpg
ここでは運良く元西武401系の151Fに当たったので乗車。


せっかくならと乗車中に何枚か。
f0263864_12231517.jpg
f0263864_12251500.jpg
f0263864_12254527.jpg
f0263864_12265295.jpg








f0263864_12274272.jpg
茶色と黄色のモケットは何回乗っても撮りたくなる。
快く撮影に協力して頂いた親子連れには重ね重ね感謝です。


その後は佐野のわたし駅で下車し駅と烏川周辺をお散歩
f0263864_12385119.jpg
f0263864_12392678.jpg
f0263864_12394897.jpg

ここで午前の部は一旦終了。
お昼ごはん等食べ物関係でも結構良いものに出会うことが出来たのでそれはこちらの記事で。





午後の部


午後はというと、写真は別記事として某有名なストレート構図に行っていました。行ったはいいもののまぁ暑いのなんの。おまけに駅の自販機から常温で飲み物が出てきたのも堪えて相当体力が消耗し疲弊した記憶がはっきりとあります。




そんな中、雨雲が迫り来るとの報せが。
急いで駅まで戻りそれからものの数分と経たないうちにとてつもない大雨に。

f0263864_23253251.jpg
[151F]
偶然にも西武元401顔の151Fが通り雨の中走り去る一瞬を切り取ることが出来ました。

これは本当に偶然そのもので、疲弊していて機材も軽量なもので妥協、フォーカスも完全にカメラ任せ。この時ばかりは機材に深く感謝しました。


f0263864_23292626.jpg
刺さっていますが全体が入ったカットも。すぐ逆方向の電車に乗らねばならずじっくりは見れなかったものの、本当に良いものを見させてもらいました。







f0263864_23311264.jpg
その後は天気が徐々に回復し、






f0263864_23333331.jpg
結局この子が来るまで滞在していました。





その後は旅情を味わいつつ帰り道。
f0263864_23351497.jpg


f0263864_23354449.jpg




そして夜を迎え、別れを惜しみつつ1発流して乗り倒して一日が終了。
f0263864_23432655.jpg





やはり元西武車天国ということや、東京からのアクセスもそこまで悪くなく手軽に田舎のほのぼのとした雰囲気を味わえるという点では上信電鉄は最高の路線だと自分の中で感じているところです。今年に入ってから1月の初訪問から3月、7月とかなり入り浸ってしまっている辺りものすごく気に入っています。

次の季節は秋から冬やそのまた次は春と巡っていきたいですが、そういった季節感を切り取ることを目標にしつつまた足繁く通っていきたいと思っています。

(本当に居心地が良すぎるので、間を空けずにまた行ってしまうかもしれません...笑)

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-08-13 23:50 | 旅行記 | Comments(0)