お久しぶりです。色々あってお休みを頂いておりました。休止前よりも多趣味具合が拡大しました笑 昔からですが夜の更新が中心です。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(20)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

画像一覧

ノーパンク2周年

2年前のちょうど12月、早くに寿命を迎えてしまったプレスポ初代タイヤから、現在の耐パンク性能重視のタイヤになりました。



そもそもタイヤはゴムですから生ものです。使っていようがいまいが寿命は勝手にやって来ます。

自転車用タイヤの寿命は走行距離にもよりますが概ね1年と言われています。



しかしながら、

「まだまだ使えるぞ」

そう思い続けて2周年を迎えることができました。


1つのタイヤを使い続けているかどうかはさておき、2年もノーパンクで過ごせたことは私の5年以上に渡る自転車生活の中でかなりの好成績です。これまでしょっちゅうパンクをしていたわけではないものの、丈夫なタイヤに巡り合ったことがそこまでなく、良くても1年に1度はパンクの憂き目に遭っていたと記憶しています。もちろん、適切な空気圧を保つことや、段差など走行時の配慮がこの好成績を生んだ一因ではありますが、異物が刺さる等の外的要因でのパンクがなかったことは正直運が良かったなと。耐パンク性能という意味では最高のタイヤだったのかもしれません。





これを機会に、しばらくの間話題にしていなかった私の愛車プレスポの変化について少し書いていこうと思います。
f0263864_17161166.jpg
自宅の割と近所にワイズロードが出来てくれたのは非常に大きかったです。

今回お世話になってきました。






f0263864_17173198.jpg




f0263864_17190085.jpg
当初からインストールされていたスタンドも錆があまりにも酷く見るに堪えなかったので交換しました。デフォルトはサイドスタンドでしたが、今回はセンタースタンドで。


で、本題はもうお判りの通りホイールです。

プレスポを購入してから3年以上、距離にして8000km以上全くのノーメンテで走ってきたデフォルトのリアホイール、日々自転車に乗る中で回転に引っかかりとゴリゴリする感覚を感じていましたが、府中のワイズロードの店員に見てもらったところ「オーバーホールしても直る保証はない。高いお金をかけてオーバーホールするよりも新品交換の方が満足度が高いのではないか。」との判定が下ったので、後日地元の東大和のワイズロードへ行き、取り寄せの後交換してもらいました。

ホイール本体と工賃で大体12000円ほどでした。

このホイールのリムに関してはロードバイクの完成車用のホイールに搭載されている車種もあるくらい、(クロスバイク用としては)けっこう優秀なものなのだそうです。


いざ、乗ってみると、まず漕ぎ出しが軽い軽い。

加速も今までにはないくらいです。ママチャリからプレスポに乗り換えた時級の衝撃がありました。

それに、踏めば踏んだ分だけパワーとして返ってくる感覚がより強くなりました。なので、高速域でも伸びもいいです。


見た目も大変いいものなので、自転車に乗ることがますます楽しくなっています。







現在、プレスポの走行距離は約9000kmに達しています。

今年中の走行距離1万kmの達成はさすがに困難かと思いますが、来年初頭には確実に達成していることでしょう。



来年は私を取り巻く環境が目まぐるしく変化することが予想されるので、これまでに比べどれだけ自転車生活の充実を図れるかが不透明な状況にあります。

ですが、今までに比べ自転車に割ける費用は確実に増大するので、来年は設備投資の年になるのではないかと予想しています。

来年は確実にタイヤ交換に迫られるでしょうし、現在の設備では外出先でのトラブルシューティングが難しい面があるので、携帯ポンプや輪行袋を筆頭とするモノを購入することが目標でもあります。




来年は今までに出来なかったことをする年にしたいです。

では今回はこんなところで。

[PR]
by eastjapanzero | 2016-12-14 17:41 | プレスポ改造・メンテログ | Comments(0)