お久しぶりです。色々あってお休みを頂いておりました。休止前よりも多趣味具合が拡大しました笑 昔からですが夜の更新が中心です。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
日記
食レポ・コーヒーレポ
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(20)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

画像一覧

AZディグリーザーの正しい使い方

用意するもの
f0263864_206292.jpg

・ディグリーザー
・ゴム手袋
・洗浄後差すチェーンルブ
ディグリーザーはAZのムースタイプを用意。手袋は100均で。チェーンルブはBlc-004 ロードレースSPを用意。

ゴム手袋は絶対必要です。
ディグリーザーは手に触れたら皮膚が溶けます。私はディグリーザー手に入れた当初、素手で作業したら指の皮膚が少し溶けてしまいました。

洗浄前のチェーン
f0263864_2073665.jpg

ゴミがついていて、黒くなっています。


まず、ゴム手袋を手にはめ、チェーンにディグリーザーを吹きかける。1回かけたらチェーンを回し、また吹きかける。これを数回繰り返し、チェーンの全周にディグリーザーを吹きかける。
ディグリーザーをチェーンに吹きかける時、ウェス(N.E.Tはボロハンカチを使用)をチェーンの下に敷きながら作業するとよい。
f0263864_209259.jpg

チェーンの下にウェスを敷くのはあくまで私流ですが、ディグリーザーを泡立たせるために強く出さないといけないので、泡がたくさん出てきてしまいます。ウェスを敷いていればそれで発生した余計な泡を回収し、再利用することが出来るのでオススメです。


※ディグリーザーをかける時の注意
スプレーのレバーを強めに握ること。ケチって弱く握って少しだけ出そうとすると、ディグリーザーが泡立たず、液体のままでディグリーザーが出てきて、チェーンを洗浄する効果を発揮しない。


次に吹きかけてから数分放置した後、ブラシ(N.E.Tはタワシを使用)でチェーンをこすります。

次に、チェーンに水をかけて汚れを落とします。

最後に、チェーンに1コマずつ注油し、軽く拭き取って終了。

洗浄・注油後のチェーン
f0263864_2093555.jpg


Oリングがちょっとだけ汚れてますね。
これ、Oリング内に溜まっている汚れを浮かしてくれているんだそう。潤滑してくれて、汚れも浮かしてくれるようであればこのチェーンルブ最高ですね!

数100km走ったらロードレースSPのインプレしてみます。
[PR]
by eastjapanzero | 2013-10-25 20:11 | プレスポ改造・メンテログ | Comments(0)