お久しぶりです。色々あってお休みを頂いておりました。休止前よりも多趣味具合が拡大しました笑 昔からですが夜の更新が中心です。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
日記
食レポ・コーヒーレポ
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(20)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

画像一覧

はじめてのハブグリスアップ フロントハブ編

とりあえずプレミアムグリスを買ってみたあの時。

あの時の自分の行動はとてもよかった。

納車から8ヶ月近く経ち、帰り道に雨に降られたあの時や、
豪雨に降られ、天と私と共に涙を流したあの時
その他、プレスポと共にした道。
色々なことを思い出せた。

思い出を思い出すだけではだめなので、
こんなことをやってみた。

で、一度は大いにその効果を感じた。

でも、それは半分くらいプラシーボ効果によるものかもしれない。

冷静に考えたらこうだったからだ。

それを放っておくわけにはいかず、
今回フロントハブのグリスアップをしてみました。

使用した工具は、
f0263864_17243742.jpg

シマノプレミアムグリスと、モンキーレンチと、
HOZAN(ホーザン)ハブスパナです。
あと、呉のブレークリーンと
つまようじと綿棒を使用しました。

私が買ったホーザンハブスパナは
段付きで、13,14,15,16mmの
ロックナットor玉押しに使用できます。

プレスポのフロントハブのロックナットは、
17mmであるため、ハブスパナは使えず、
モンキーレンチで代用しました。

まず最初に、ハブスパナ(14mm部分)を
使用して、玉押しを押さえながら
モンキーレンチを使ってロックナットを
クイッ、グイ!
とゆるめます。
下の写真のモンキーレンチを
反時計回りに回せばゆるみます。
当たり前ですが正ネジですからね。
ちなみに、下の写真に映っているナットが
ロックナットで、ロックナットの奥にある
丸いものが玉押しです。
f0263864_17374350.jpg

ロックナットが錆びてしまってます...

ロックナットの表面が錆びてしまっているからか、
全然外れましぇん(焦

それでも諦めず、
ずーっとフルパワーでトルクをかけていると、
ふぅっ。なんとか外れました。

反対側も同じようにして外し、
軸とロックナットと玉押しを1箇所にまとめておきます。
ここで写真撮るの忘れました(´・ω・`)

軸・ロックナット・玉押し全てを外すと、
ベアリングが見えてきました。
f0263864_175767.jpg

グリスがほとんど切れてしまっています。
何度か雨の中走ったのに、
メンテナンスをせずに放置していると、
こうなるようです。
もしかしたらこれが異音の原因なのかもしれませんね。

ベアリングを取り出します。
試しに指をつっこんでみましたが、
全然取れましぇーん。・゚・(ノД`)・゚・。
ベアリングの収まり方からして、
指では取れないのは明白でした。
最初はわかんなかったー(´・ω・`)

そこで、つまようじ2本を用いて
ベアリングを持ち上げようと試みました。

結果:ダメでした。

試しに5個やってみたものの、
きちんと持ち上げられたのは
1個のみでした。
残りの4個はハブの中へ消えてゆきました(え

まぁ、ハブの中をつまようじでつんつんしてたら、
ベアリング取り出せましたが。
いきなりベアリングが落ちてくるので、大変でした。
ベアリングが飛んで行ってしまったことも...(え


...まぁいろいろありましたが、
なんとかなりました。
f0263864_1913031.jpg

なんとか苦労してベアリングを全て
(左右のカップ合計20個)集めた後、
ブレークリーンを吹きかけ、布でふきふき。
そこに映っている綿棒は、カップ&コーンを
きれいにするために使いました。
カップ&コーンを綿棒で拭いてから、
ブレークリーンを吹きかけして、
また綿棒で拭きました。
そうすると、カップ&コーン内を
楽にきれいにすることができます。

この他に、
軸と玉押しにもブレークリーンを吹きかけ、
布でふきふき。

各種部品をきれいにし終えたら、
カップにしこたまグリスを詰め込みます!!
f0263864_1932987.jpg

ここでも相当苦労しました。
指が入りにくい隙間にグリスを詰め込むのは
とても大変で、どれだけグリスが盛られたか
確認するのも難しかったです。
こういう時にグリスガンって重宝するんですよねぇ...
私には残念ながら縁の無い話ですが。

その次は、ふつうの人がハブグリスアップする時に
一番難しいと感じるであろう、
玉当たり調整です。
まず、
軸、玉押し、ロックナットを
外した時と逆の順ではめます。

次に、
ロックナットを押さえながら
玉押しを締めます。

私、この工程で、
最初にロックナットをゆるめたのだからと
玉押しを押さえてロックナットを締めてしまいました。

ホントバカですね。

でも、みなさんには私と同じ間違いを
してほしくないので、もう一度言います。
ロックナットを押さえながら
玉押しを締めます。

両側の玉押しを少しづつ締め、
軸をくるくる回してみて、ゴリゴリ感が少し出てきたら、
玉押しを締めるのをやめ、玉押しを
少しづつゆるめて、ゴリゴリ感が
無くなったら完成です。


成果は、特に感じられないですが、
異音は減ったかなぁというかんじです。

今後数100km走ってみて、
今までと比べてどうなったかを
検証してみたいと思います。
[PR]
by eastjapanzero | 2013-09-23 19:53 | プレスポ改造・メンテログ | Comments(0)