旅好きが更に深まってきました。写真・鉄道を中心に、食べ物飲み物、自分なりにまとめていきます。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
鉄道[東急]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

N.E.Tのお気に入りサイト

自転車関係のサイト
ジンセイハフリースタイル-まるRRさん
プレスポな日々-
はにわ野郎さん

クロスバイク情報-
オッサンAさん

本気で自転車通勤!!-ringer21さん
オレチャリDIARY-
龍弥さん

とらです-とらさん

鉄道関係のサイト
西武鉄道
小平中央駅-
東京遊歩人さん

(新)小平中央駅・業務日誌-東京遊歩人さん
Japanrail<鉄道写真ブログ>-jre233231235さん
写真活動記Ⅰ-目蒲急行さん
田無撮鉄会館-(・∀・)さん
Rail&Contrail-れいこんさん

~ランキングバナー~
以下のランキングサイトに
参加しています。
もしよかったら
ポチっとお願いしますー

日本ブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村


鉄道コム

鉄道コム


後でそちらに
お伺いします...
おきてがみ

Twitterも併せてどうぞ。
https://twitter.com/eastjapanzero

Instagramはじめました。
https://www.instagram.com/n.e.t_eastjapanzero/

撮影機材
ニコン D7500,D5500・iPhone5s

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(20)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

画像一覧

2017/11/19 IKTMへ

こんばんは。

今日は幸いにも仕事が早めに終わったので、せっかくならと新鮮な話題から一つ。


執筆当時から1日前の11月19日のことをこれから紹介するのですが、ここまで早く書きしたためるのはかなり久しぶりだなぁと。このような好調さが今後も続くといいのですが、急がず焦らずじっくりと。やれる時にやれるだけ。マイペースにいきます。




11月19日 日曜日。この日はかねてからの願いであった東急線の撮影へ。東横線の直通先(100%西武)で東急車を撮影したことを除くと、おそらく一度も撮影したことが無かった路線です。何故これまで行ってこなかったのかが不思議に思うところですが、きっと他の路線にかかりきりだったのでしょう。鉄道以外にもやることはたくさんありましたし。

そんなわけで、行ってきました。今回は"IKTM"(池多摩)と称される東急池上線・多摩川線エリアへ。
ブログでも繋がっていて、東急線に精通している目蒲急行さんにご案内していただきました。

f0263864_20445896.jpg
[1017F]
まずは多摩川線から。
リバイバルカラーが1発目でした。

当初から晴れたり曇ったり。



f0263864_21022136.jpg
[7905F]
これが今回の目的でした。7700系。コルゲートなステンレス車両。乗るにも撮るにも大変魅力的な車両です。


f0263864_21064250.jpg
f0263864_21071830.jpg
f0263864_21080257.jpg
晴れない時もそこそこ多かった印象です。







f0263864_21090257.jpg
f0263864_21093232.jpg
だからこそ、遊ぶんです。

曇ることを、「光線が関係無くなる」と捉えれば、案外幅が広がるようにも思えます。ここイチバンの時の仕上がりは曇ればアレですけどね。








f0263864_21125784.jpg
f0263864_21134808.jpg
蒲田駅にやって来ました。いきなり魚眼で。

この人々の群像と、電車。なんとか1枚に収めてみたかったんです。



f0263864_22042276.jpg
f0263864_22070242.jpg
ステンレス車体の武骨な格好良さを意識しつつ。




f0263864_22091910.jpg
f0263864_22120384.jpg
f0263864_22094741.jpg
f0263864_22102981.jpg
同じ多摩川線ホーム。同じレンズ。

しかしどれも違った構図で。色々な撮り方で楽しめるのが蒲田駅の魅力だったりします。






f0263864_22185179.jpg
f0263864_22185923.jpg
WBの仕上げに迷ったこの写真。
実物に近い色なら上だし、ステンレスの質感や雰囲気重視なら下だし、といった具合で...


f0263864_22210825.jpg
あれこれやって最後まで楽しみ続きで大変面白みのある駅でした。
新たな構図を探しにまた訪れたいものです。




f0263864_22382651.jpg
[7914F]

歌舞伎な7700もまた初見であり初撮影でした。
それにしても晴れた時のステンレスカーの光沢は素晴らしい。

f0263864_22384324.jpg
反対側のクハ7914側はライト台座がステンレス製であることが特徴だそうで、それもまた初期車特有の姿とのことで撮影。反対側のデハ7714のプラスチック製ライト台座と見比べてもこちらの方が一体感を感じます。



f0263864_22491833.jpg
[7906F]
こちらはしっかりと晴れました。一層際立つ格好良さ。




f0263864_22520119.jpg
f0263864_22521080.jpg
f0263864_22522665.jpg
列車が順光ポイントを去った後、後ろを振り返って日常を意識しつつ何枚か。

順光を抑えた後の一連の行動が、シャッターのタイミングまで目蒲急行さんとぴったりシンクロしていたので、考えることが同じなんだなぁと感じました(笑)



f0263864_23001450.jpg
[8629F]
こちらもまた初撮影の東急田園都市線。東急なのに、東急車が来るまで結構待ちました。これもまた田園都市線の日常だそうで(笑)

f0263864_23094798.jpg
こちらもステンレス車体なので、太陽に照らされ輝く姿を撮らないはずがなく。それにしても美しい。

f0263864_23133807.jpg
[2001F]
こちらもレアものであるサークルK車の2000系で〆。


目蒲急行さんのご案内のおかげでたくさん良い体験をすることが出来ました。IKTMエリアは特に魅力を感じたので、7700系たちが新車で押し出されないうちにまた何度か訪問したいなと思いました。加えて、今度は田園都市線の方もしっかり撮ってみたいなと思いました。ぶっちゃけ田園都市線でもっと東急車を撮りたいので(笑)



楽しい週末でした。
これを活力に、また仕事に励む日々の始まりです。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-11-20 23:20 | 鉄道[東急] | Comments(0)

特急いなほグリーン車乗車記

お久しぶりです。

働くようになってからは相変わらず忙しい日々を送っています。
休日でかけることがあっても、ブログ執筆をする体力が残っていないことが多く、放置気味になってしまい申し訳ないです。





さてここから今回のお題の特急いなほのグリーン車について。
f0263864_21421536.jpeg
f0263864_21422922.jpeg
特急いなほがE653系になり、これまでの伝統色であった上沼垂色からうって変わって日本海に沈む夕日と沿線に実る稲穂をイメージした派手めなカラーリングになったのは見ての通りですが、車内空間が広くなったり、車両の揺れが少なく乗り心地が良くなり、トイレ等の設備が新しめなものとなったりと、従来に比べて劇的にサービスレベルが向上したと言えるでしょう。

f0263864_21424704.jpeg
まずは言うまでもなくメインの設備となるシート関連について。
写真の明るさは前後で全然違いますが、グリーン車を2回利用した時の写真を両方使っているからです。まぁお気になさらず。
座った時に身体が沈み込む快感、いくら脚を伸ばしても大丈夫なところ、揺れや音が少なくやはり流石グリーン車と言ったところ。
特筆すべきはシートピッチの広さ。数字にして1500mmほどあるそうですが、実際に身長170cm弱の管理人が乗り、脚をめいいっぱい伸ばしてもまだ届かないくらいに恐ろしく広い足元。旅の荷物を足元に置いてもまだ余裕のあるスペース。
グリーン車が相手であろうともこの足元の広さは他を圧倒するものでしょう。
ただ、この余裕の空間を持っているのなら、フットレストかレッグレストは欲しかったところです。フットレストやレッグレストが無いことを微妙に思っている方もいるでしょうし、特急や新幹線では普通車であろうとも靴を脱いでしまう派の管理人としても惜しい点だと感じました。
加えて、座席1列ごとに仕切りが設けられているため、後ろに座る人に気を遣いながらリクライニングをする必要がなく、気兼ねなくシートをリクライニングし放題なのはかなり良いです。実際、特急や新幹線などのリクライニング可能な有料列車において、リクライニングしすぎは後ろの方から苦情が入ることもありますから、後ろに座る方へ気を遣いながら控えめにリクライニングする方は大勢いらっしゃいますし、管理人にもその一面はあるので、仕切り板はポイントが高いと思います。
シート自体は相応に柔らかく、身体を包み込むような乗り心地はクセになってしまうほどです。寝れるのではと思ったくらいです。一方で、座席付属の枕は最近のグリーン車としては若干硬めだった印象でした。
特急いなほグリーン車の座席配列は大窓1枚ごとに座席1列なため、大窓1枚に対し座席2列の普通車に比べて視界がものすごく広く、海側に着席していれば時間帯が合えば日本海に沈む夕日が見れたりもします。
今となっては珍しい2列+1列の座席なため、一人での乗車にも最適ですし、1人掛け席の利用は相応に見受けられた印象でした。ちなみに、1人掛け席は山側にあるため、日本海の眺望を求めるのであれば、2人掛け席を選ぶといいでしょう。




f0263864_21430758.jpeg
E4系旧塗装時代が描かれたパッケージだったので、思わず買ってしまいました(笑)
確か新潟限定ということで、良いお土産にもなりました。


f0263864_02005959.jpeg
例に漏れず当たり前のごとくコーヒーを発注。
JR東日本の特急/新幹線のコーヒーはいつも期待を裏切らない味な上、列車に乗っていて時間が経つにつれ温度が変化していくごとに味の変化が楽しめるという点もまた醍醐味であります。

f0263864_21432467.jpeg
f0263864_21433764.jpeg
グリーン車には新潟寄り出入り口付近にフリースペースがあります。
下手をすれば乗車時間が3時間を超える時間となるので、席を時々立ち、リフレッシュする場所があることは評価すべき点です。
f0263864_21435521.jpeg
テーブルには飲み物置き場もあるため、景色を眺めつつ一服することも出来ちゃいます。

最後にまとめ。
課題はいくつかあるものの、普通車に比べてこれだけの快適さや高いサービスレベルを享受出来るので、特急いなほはグリーン車を利用しない手は無いと感じました。新潟から秋田で普通車指定席にプラス3000円程度で乗れてしまうので、特急いなほを長距離長時間の利用の際には是非ともグリーン車の利用をお勧めします。自分も特急いなほを利用の際には積極的にグリーン車に乗っていきたいと思います。

ではまたお会いしましょう。本日はこの辺で。


[PR]
# by eastjapanzero | 2017-11-05 02:31 | 旅行記 | Comments(0)

2017/7/16 初夏の上信電鉄 -2017-

ご無沙汰しております。お久しぶりです。

相も変わらず写真を撮るだけで後は何も出来ないという忙しい日々が続いています。
もう1ヶ月近くも熟成(笑)、いやご紹介出来ないだなんてこのSNS全盛の時代において言語道断もいいところではありますがお許しください。
他には何ヶ月熟成(笑)したか分からないネタは山ほどありますし、第一に速報はSNSで済んでしまうのでこちらでしっかりまとめるのは多少鮮度が落ちてでも価値のあるものを書き連ねていきたいという思いもあるので少々古い話題でもご容赦くださいませ。

今回は旅行記カテゴリとあって旅行目線でご紹介します。写真にフォーカスした記事は別でご紹介出来たらと思います。




**************************************



7月16日、この日は知り合い方と上信電鉄へ行こうという計画を実行する日。
意気揚々と早起きし、西武線からの湘南新宿ライン/高崎線でグリーン車課金をし優雅に高崎入り。
f0263864_02190735.jpg
f0263864_02191977.jpg
今回は休日おでかけパスで。




ここでメンバーが勢揃いし初顔合わせも挟みつつでいざ上信電鉄へ。
f0263864_02201785.jpg
上信電鉄区間は一日乗車券で。今回はデキのデザイン入り。





f0263864_01403959.jpg
「東武顔」でしたっけ。丸っこくてかわいい顔を1枚。



ここからは自然豊かな沿線風景を楽しみつつ一路西へ。
f0263864_11022629.jpg
f0263864_11083956.jpg








f0263864_11095498.jpg
第一目的地到着。上州七日市駅。
赴きのある駅舎を1枚。というか左の住居スペースみたいな建物というか構造物は何だろう。有人駅舎の頃の駐在所とかだったのかな。




f0263864_11262463.jpg
目的地付近の踏切にやって来ました。ここでは皆一様に「この踏切は何だ!?平べった!」などと不思議に思い軽く撮影大会でした...笑
自分はこういったタイプの踏切はおそらく初めてではなく、秋田に帰った時か何かに一度は見ていたはずなので、なんか平べったいなーくらいにしか思っておらずそこまで驚かなかったのですが、東京近辺ではあまり見ませんね。(追記:上信電鉄では各所に類似した踏切が存在するようです)


f0263864_11304352.jpg
撮影地付近にひまわりが咲いていました。
こういった普段過ごす東京には無い雰囲気で今改めて写真を見ても安らぎます。田舎、よい。



f0263864_11320900.jpg
麦わら帽子の地元の方を1枚。
田舎のゆったりとした時間の流れと夏らしさを切り取れたかな。






f0263864_11422262.jpg
本来この撮影地に来た目的というのは、写真編にてご紹介する予定の広角アングルで撮るということでしたが、緑色の沿線風景と絡められそうだったので望遠でも1枚。



上下数本を撮った後に上州七日市駅へ戻り。
f0263864_11531006.jpg
ここでは運良く元西武401系の151Fに当たったので乗車。


せっかくならと乗車中に何枚か。
f0263864_12231517.jpg
f0263864_12251500.jpg
f0263864_12254527.jpg
f0263864_12265295.jpg








f0263864_12274272.jpg
茶色と黄色のモケットは何回乗っても撮りたくなる。
快く撮影に協力して頂いた親子連れには重ね重ね感謝です。


その後は佐野のわたし駅で下車し駅と烏川周辺をお散歩
f0263864_12385119.jpg
f0263864_12392678.jpg
f0263864_12394897.jpg

ここで午前の部は一旦終了。
お昼ごはん等食べ物関係でも結構良いものに出会うことが出来たのでそれはこちらの記事で。





午後の部


午後はというと、写真は別記事として某有名なストレート構図に行っていました。行ったはいいもののまぁ暑いのなんの。おまけに駅の自販機から常温で飲み物が出てきたのも堪えて相当体力が消耗し疲弊した記憶がはっきりとあります。




そんな中、雨雲が迫り来るとの報せが。
急いで駅まで戻りそれからものの数分と経たないうちにとてつもない大雨に。

f0263864_23253251.jpg
[151F]
偶然にも西武元401顔の151Fが通り雨の中走り去る一瞬を切り取ることが出来ました。

これは本当に偶然そのもので、疲弊していて機材も軽量なもので妥協、フォーカスも完全にカメラ任せ。この時ばかりは機材に深く感謝しました。


f0263864_23292626.jpg
刺さっていますが全体が入ったカットも。すぐ逆方向の電車に乗らねばならずじっくりは見れなかったものの、本当に良いものを見させてもらいました。







f0263864_23311264.jpg
その後は天気が徐々に回復し、






f0263864_23333331.jpg
結局この子が来るまで滞在していました。





その後は旅情を味わいつつ帰り道。
f0263864_23351497.jpg


f0263864_23354449.jpg




そして夜を迎え、別れを惜しみつつ1発流して乗り倒して一日が終了。
f0263864_23432655.jpg





やはり元西武車天国ということや、東京からのアクセスもそこまで悪くなく手軽に田舎のほのぼのとした雰囲気を味わえるという点では上信電鉄は最高の路線だと自分の中で感じているところです。今年に入ってから1月の初訪問から3月、7月とかなり入り浸ってしまっている辺りものすごく気に入っています。

次の季節は秋から冬やそのまた次は春と巡っていきたいですが、そういった季節感を切り取ることを目標にしつつまた足繁く通っていきたいと思っています。

(本当に居心地が良すぎるので、間を空けずにまた行ってしまうかもしれません...笑)

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-08-13 23:50 | 旅行記 | Comments(0)

2017/7/9 JRA東京競馬場 2017 花火大会

こんばんは。

話題の時系列が前後しますが、順番に固執しすぎて紹介するのが滞ってもいけないので、取り急ぎ用意が出来たものから順にといたします。





ということで今回は今年に入って初めての花火写真。

この日はチャリで都心方面へ電車を撮りに行くなどしていたのですが、ちょうど帰り道に多摩川に架かる是政橋を渡ろうとしたところ、あちこちにゾロゾロと何かを見物しようとする一般の方とカメラと三脚の数々が。

これは何事かということで地元の方にお話を伺ったところ、
「競馬場で花火やるらしいよ」
とのことだったので、帰りの遅さを覚悟の上で見物していくことにしました。

f0263864_22552791.jpg
実はこれ手持ちです。シャッターは1秒くらいは開けているはず。
この日はそこそこの距離をチャリで移動する計画だったので、当然三脚は持ち合わせているはずもなく、仕方ないということで手持ちで撮りました。
しっかし、先日導入した新機材の驚異的な手ブレ補正効果によって手持ち1秒でもそこそこ撮れてしまうという衝撃。
これならば今回のように何も知らず出先で急に花火に遭遇した時もなんとか撮れそうな気がします。本当に驚異です。

f0263864_22594611.jpg
f0263864_23000213.jpg
f0263864_23004002.jpg

花火を手持ちで撮るなぞデジカメ時代初期以来と言ってもいいくらいです。
デジカメ時代から三脚に据えて撮るのが当たり前でしたから。





f0263864_23015964.jpg
f0263864_23021060.jpg
望遠で花火を撮るというのも何気にデジカメ時代以来かもしれません。







f0263864_23030290.jpg
最後に1枚。

花火写真としては未完成感はあるものの、見物人も絡めて非日常感を演出することが出来たようで自分としてはお気に入りの一枚。





これを撮り終えた時はあまりの驚きと感動と衝撃で久々に武者震いという感覚を覚えました。ダメ元で挑んだ割に手応えを掴みすぎた感(笑)

今回の撮影で手持ちでもなんとか撮影出来てしまうという驚愕の事実が発覚してしまったので、三脚に据えての撮影はもちろんのこと、時々お遊び程度に手持ちで撮って今までにないものを生み出せたらなと思っています。

今夏もたくさん挑戦しますよ。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-07-21 23:10 | 写真[花火大会] | Comments(0)

2017/7/16 上信電鉄沿線グルメ小ネタ Vol.1

7月16日に上信電鉄へ訪問した時に、運良く美味しいグルメに出会うことが出来たことが嬉しかったので、ここで一つ記事にまとめることとしました。



まずはお昼ごはんから。
f0263864_12473951.jpg
高崎駅東口出てすぐのヤマダ電機の5階のレストラン街の一角にある「大衆食堂 御膳屋」でお昼を摂ることにしました。
選んだ理由は至ってシンプル。
「安くてたくさん食べられそうでそこそこ美味しそうだったから」。全会一致でした。

店内に入りメニューを眺めると御膳屋との店名だけあってごはんと味噌汁とおかずという定食ベースのメニュー構成で、定食(このお店では「御膳」という呼称を使用)以外のメニューはいくつかの付け合わせのおかずとソフトドリンク、といったシンプルかつとても分かりやすいラインナップで利用者側としてはとても分かりやすかったです。かつ、定食メニューはどれもほとんど1000円以内で収まる価格設定で、かつごはん大盛り無料という点も腹を空かせた私たち御一行にはすごくありがたいものでした。

そして、いざ注文。
f0263864_12565645.jpg
f0263864_12571672.jpg
私は生姜焼き御膳を発注。
まず、付け合わせのおかずの漬物やキムチ、豆腐から先に箸をつけたのですが、どれも食べやすく濃すぎず薄すぎずちょうど良い味付けでその後に残された生姜焼きというメインディッシュに大きな期待感を抱きました。
味噌汁も外食店の中では相当に塩味が抑えられたちょうど良い濃さでかつ食べやすくメインディッシュを邪魔しない名脇役的な味付けでした。
個人的には味噌汁が美味しいお店はメインメニューも必ず美味しいという経験をしているので、生姜焼きを食べずしてもうこのお店は間違いないと確信しました。

肝心の生姜焼きは、肉は歯ごたえと脂の口どけのバランスが良く、玉ねぎも食感を残しつつ生姜焼きのたれの味をしっかり染みこませていて大変優秀と感じました。
また、生の生姜刻みがこんなにも多く載っていたことにも驚きました。これがまた食感といい鼻に抜ける辛味といい、こんなに美味しい生姜焼きなぞ食べたことがあるのかと思ってしまうほどでした。

他の方が食べていた唐揚げ御膳や肉野菜炒め御膳、豚キムチ御膳、などといったメニューもかなり美味しそうで、実際に食べていた方々も美味しいと口々に言っていたのと同時に、皆一様に他の人のメニューに美味しそう美味しそうと言い合っていました(笑)

他の方が食べていた感想も併せて聴くに、このお店の味はもう間違いないと確信しました。
今度高崎に訪れることがあれば、絶対にまたここに行くことでしょう。

皆さんもよろしければ是非。






*****************************************




場所が変わり今度は下仁田駅。

一日の旅行も佳境に差し掛かり、結構疲れが体に来ていた時に出会ってしまったものがあります。

f0263864_13160222.jpg
下仁田駅前の売店のソフトクリームです。350円。
最初は「田舎によくある普通のソフトクリームなのかな」程度にしか思っていなかったのですが、正直なめていました。

一口食べたらもう衝撃的なくらいに美味い。ソフトクリームというようも濃厚で甘くものすごくとろみがある牛乳を飲んでいるかのような感覚。
ここまで濃厚なソフトクリームは早々お目にかかれないと言って間違いないです。
ソフトクリームに350円という値段は普段でしたら尻込みしてしまう価格設定ですが、これだったら350円を出す価値は大いにあると思います。


グルメも含めて、相当に充実した旅でした。
後程公開の本編も併せてご覧下さいませ。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-07-17 13:22 | 食レポ・コーヒーレポ | Comments(0)