お久しぶりです。色々あってお休みを頂いておりました。休止前よりも多趣味具合が拡大しました笑 昔からですが夜の更新が中心です。


by eastjapanzero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
鉄道[JR]
鉄道[その他・一般]
鉄道[西武]
鉄道[上信電鉄]
航空機・旅客機全般
プレスポ改造・メンテログ
ロングライド
ポタリング
ジテツウ
トレーニング
食レポ・コーヒーレポ
日記
旅行記
写真[全般]
写真[季節モノ]
写真[花火大会]
写真[自転車]
写真[アーティスト]
ボソっと一言
挨拶
機材紹介
旧記事置場
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

-Links-

記事ランキング

ブログパーツ

タグ

(37)
(34)
(27)
(20)
(18)
(12)
(11)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)

画像一覧

2017/7/9 JRA東京競馬場 2017 花火大会

こんばんは。

話題の時系列が前後しますが、順番に固執しすぎて紹介するのが滞ってもいけないので、取り急ぎ用意が出来たものから順にといたします。





ということで今回は今年に入って初めての花火写真。

この日はチャリで都心方面へ電車を撮りに行くなどしていたのですが、ちょうど帰り道に多摩川に架かる是政橋を渡ろうとしたところ、あちこちにゾロゾロと何かを見物しようとする一般の方とカメラと三脚の数々が。

これは何事かということで地元の方にお話を伺ったところ、
「競馬場で花火やるらしいよ」
とのことだったので、帰りの遅さを覚悟の上で見物していくことにしました。

f0263864_22552791.jpg
実はこれ手持ちです。シャッターは1秒くらいは開けているはず。
この日はそこそこの距離をチャリで移動する計画だったので、当然三脚は持ち合わせているはずもなく、仕方ないということで手持ちで撮りました。
しっかし、先日導入した新機材の驚異的な手ブレ補正効果によって手持ち1秒でもそこそこ撮れてしまうという衝撃。
これならば今回のように何も知らず出先で急に花火に遭遇した時もなんとか撮れそうな気がします。本当に驚異です。

f0263864_22594611.jpg
f0263864_23000213.jpg
f0263864_23004002.jpg

花火を手持ちで撮るなぞデジカメ時代初期以来と言ってもいいくらいです。
デジカメ時代から三脚に据えて撮るのが当たり前でしたから。





f0263864_23015964.jpg
f0263864_23021060.jpg
望遠で花火を撮るというのも何気にデジカメ時代以来かもしれません。







f0263864_23030290.jpg
最後に1枚。

花火写真としては未完成感はあるものの、見物人も絡めて非日常感を演出することが出来たようで自分としてはお気に入りの一枚。





これを撮り終えた時はあまりの驚きと感動と衝撃で久々に武者震いという感覚を覚えました。ダメ元で挑んだ割に手応えを掴みすぎた感(笑)

今回の撮影で手持ちでもなんとか撮影出来てしまうという驚愕の事実が発覚してしまったので、三脚に据えての撮影はもちろんのこと、時々お遊び程度に手持ちで撮って今までにないものを生み出せたらなと思っています。

今夏もたくさん挑戦しますよ。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-07-21 23:10 | 写真[花火大会] | Comments(0)

2017/7/16 上信電鉄沿線グルメ小ネタ Vol.1

7月16日に上信電鉄へ訪問した時に、運良く美味しいグルメに出会うことが出来たことが嬉しかったので、ここで一つ記事にまとめることとしました。



まずはお昼ごはんから。
f0263864_12473951.jpg
高崎駅東口出てすぐのヤマダ電機の5階のレストラン街の一角にある「大衆食堂 御膳屋」でお昼を摂ることにしました。
選んだ理由は至ってシンプル。
「安くてたくさん食べられそうでそこそこ美味しそうだったから」。全会一致でした。

店内に入りメニューを眺めると御膳屋との店名だけあってごはんと味噌汁とおかずという定食ベースのメニュー構成で、定食(このお店では「御膳」という呼称を使用)以外のメニューはいくつかの付け合わせのおかずとソフトドリンク、といったシンプルかつとても分かりやすいラインナップで利用者側としてはとても分かりやすかったです。かつ、定食メニューはどれもほとんど1000円以内で収まる価格設定で、かつごはん大盛り無料という点も腹を空かせた私たち御一行にはすごくありがたいものでした。

そして、いざ注文。
f0263864_12565645.jpg
f0263864_12571672.jpg
私は生姜焼き御膳を発注。
まず、付け合わせのおかずの漬物やキムチ、豆腐から先に箸をつけたのですが、どれも食べやすく濃すぎず薄すぎずちょうど良い味付けでその後に残された生姜焼きというメインディッシュに大きな期待感を抱きました。
味噌汁も外食店の中では相当に塩味が抑えられたちょうど良い濃さでかつ食べやすくメインディッシュを邪魔しない名脇役的な味付けでした。
個人的には味噌汁が美味しいお店はメインメニューも必ず美味しいという経験をしているので、生姜焼きを食べずしてもうこのお店は間違いないと確信しました。

肝心の生姜焼きは、肉は歯ごたえと脂の口どけのバランスが良く、玉ねぎも食感を残しつつ生姜焼きのたれの味をしっかり染みこませていて大変優秀と感じました。
また、生の生姜刻みがこんなにも多く載っていたことにも驚きました。これがまた食感といい鼻に抜ける辛味といい、こんなに美味しい生姜焼きなぞ食べたことがあるのかと思ってしまうほどでした。

他の方が食べていた唐揚げ御膳や肉野菜炒め御膳、豚キムチ御膳、などといったメニューもかなり美味しそうで、実際に食べていた方々も美味しいと口々に言っていたのと同時に、皆一様に他の人のメニューに美味しそう美味しそうと言い合っていました(笑)

他の方が食べていた感想も併せて聴くに、このお店の味はもう間違いないと確信しました。
今度高崎に訪れることがあれば、絶対にまたここに行くことでしょう。

皆さんもよろしければ是非。






*****************************************




場所が変わり今度は下仁田駅。

一日の旅行も佳境に差し掛かり、結構疲れが体に来ていた時に出会ってしまったものがあります。

f0263864_13160222.jpg
下仁田駅前の売店のソフトクリームです。350円。
最初は「田舎によくある普通のソフトクリームなのかな」程度にしか思っていなかったのですが、正直なめていました。

一口食べたらもう衝撃的なくらいに美味い。ソフトクリームというようも濃厚で甘くものすごくとろみがある牛乳を飲んでいるかのような感覚。
ここまで濃厚なソフトクリームは早々お目にかかれないと言って間違いないです。
ソフトクリームに350円という値段は普段でしたら尻込みしてしまう価格設定ですが、これだったら350円を出す価値は大いにあると思います。


グルメも含めて、相当に充実した旅でした。
後程公開の本編も併せてご覧下さいませ。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-07-17 13:22 | 食レポ・コーヒーレポ | Comments(0)

2017/6/9 再会

こんばんは。

最近は特に時間がなく、短文+写真と手軽に済んでしまうツイッターメインでの活動となってしまっていますが、少なからずこちらにも目を通していただいている方々に応えるべく最近の出来事を一つ紹介したいと思います。




職に就いてから初の平日休みを頂いた6月9日金曜日、高校時代の同級生とおでかけをしてきました。

行先は私と同級生くんの願いが一致し大宮へ。私は新幹線で彼は鉄道博物館。双方の願いをどちらも叶えることとしました。

今回は新幹線編。


f0263864_20095883.jpg
f0263864_20100769.jpg
253B なすの253号
[E3系R21編成+E5系U29編成]

同級生くんと共に、元祖こまちのE3-0に再会してきました。
最後に会ってから少なくとも3年以上ぶり。

実家が秋田方面ということもあり、何度もお世話になった秋田新幹線。
一人の時も家族と一緒の時も、振り返れば思い出がいっぱい詰まった新幹線でした。
顔が特徴的だった試作車、旧自由席の青シートやGTOサウンド、ふかふかシートが特徴だった初期車、これまでのイメージを維持しつつ内装を一新しIGBT車として登場し0番台に新しい風を吹き込んだ後期車、今となっては全てが懐かしいです。幼少期を中心にお世話になっていたので写真が少ないのが悔やまれますが、実家基準では少し遠回りになってしまうにも関わらず乗せてくれた親や祖父母には深く感謝しています。

今となってはIGBTの後期車のみが生き残り、色を変えて山形新幹線つばさ、色だけでなく観光要素を詰め込んで、とれいゆ、現美新幹線として生まれ変わったり、それぞれ三者三様の道を歩んでいる中、後期車のR21・R22編成は東北新幹線のみに活躍の場を変え今も変わらず走り続けていることは秋田新幹線に世話になり続けた私としては大変喜ばしいです。もう秋田の地を走る機会はほとんどないことでしょうが、今後もその勇姿を見届けていきたいです。



f0263864_20405993.jpg
f0263864_20411658.jpg
f0263864_20412513.jpg
お見送りまでしっかりと。





f0263864_20445780.jpg
f0263864_20450618.jpg
268B なすの268号
[E5系U21編成+E3系R22編成]

わずか2つとなったE3系R編成の定期運用、こまち色のもう一方の運用も見届けてきました。

今度は再びの乗車といきたいところです。まだ野望ですが絶対に叶えたい。



R編成を見届けた後はそのまま少々新幹線を撮影。

f0263864_20544187.jpg
4122B やまびこ122号
[E2系J11編成+E3系L**編成]

ここ数年前からE2系はやて色(0番台)の廃車が始まっており、小窓が連続し下枠交差パンタグラフというビジュアルが特徴の0番台も段々と貴重な存在となってきつつあります。E5系によって淘汰される日もそう遠くないと考えるとこちらもしっかり記録していかねば。




ここからはその他枠
鉄道博物館編はまた後ほど。
f0263864_21592416.jpg
f0263864_22000340.jpg
今度はしっかり順光で抑えたいと思った2枚。




f0263864_22012165.jpg
f0263864_22013521.jpg
f0263864_22020660.jpg

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-06-11 22:03 | 鉄道[JR] | Comments(0)

2017/5/10 渋谷Club 乙 -kinoto-

お久しぶりです。


日々忙しくブログの更新が滞っていたのものの、このブログがどうあるべきかを色々考えていました。

これまでは鉄道がメインテーマでありましたが、これからはそういった既存の枠組みにとらわれず、自分の好きなこと書きたいことをジャンルを問わず色々と書いていこうと思います。

今回もその一環としてこれまで扱ってこなかった話題を。


これまで何度か当ブログでも申し上げた通り、私は音楽も趣味の一つでして、今回は知り合いがライブを行うということで渋谷まで行ってきました。題名にもあるように渋谷Club 乙 -kinoto- というライブハウスです。

f0263864_22564645.jpg
座席定員10名強程度の小さなライブハウスです。
これだけアーティストを間近に見られるのは贅沢だなと感じました。




f0263864_22585640.jpg
f0263864_22592220.jpg
そえじまとしたかさん、というアーティストです。詳しくは言えませんが、彼とは何年か前に知り合い、何度か彼の歌を聴く機会があり、聴く回数を重ねていくうちに彼の唄声に惚れ込んでしまったわけですが、ライブにはまだ行ったことが無く、今回その積年の願いを叶えられ感無量でした。




f0263864_23055555.jpg
彼の魅力は何と言ってもその透き通っていて情感あふれる歌声。筆者と同じ年代ということもあり、歌詞のメッセージ性と共にとても心に響く感覚がありました。
彼は昔はしっとり系のバラードを中心に歌っていたように感じていましたが、今回はそういった路線に加えてアップテンポな曲もありました。彼の新たな一面を垣間見たようで嬉しかったです。




加えてもう一方。木下直也さんという方です。
f0263864_23130974.jpg
f0263864_23132166.jpg

この方はthe MADRAS、Dots Dashといったバンドに所属する方で、今回はソロとしての出演でした。

そえじまさんとは違い木下さんとはもちろん初対面初鑑賞でしたが、とても繊細に感情を込めて歌う姿には圧倒されました。また機会があれば是非とも聴きたいものです。




最後にそえじまさんの別カットを貼り〆。
f0263864_23225521.jpg
f0263864_23230477.jpg
f0263864_23231696.jpg



追伸
また彼らの声は絶対に聴きに行きます。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-05-29 23:24 | 写真[アーティスト] | Comments(0)

idecafe(イデカフェ) 自家焙煎コーヒーを堪能

お久しぶりです。

4月を迎え職に就いてからというもの、日々の業務とオフの日回復に努めるのが精一杯でなかなかブログを書く余裕がなく、GWで一息つくことが出来たこのタイミングでようやっとこうしてまとめることが出来ました。

息抜きと称して各所にお出かけしたりしてるので、それのまとめ記事はまた後ほど。



今回は先日(5/3 憲法記念日)千葉にお出かけした時にコーヒー飲みたい衝動に駆られ、駅の建物の3階にあったカフェに立ち寄った時のお話です。

場所は北総線/成田スカイアクセス線 東松戸駅の3Fにある「idecafe」というお店です。

実はここに寄る直前駅に戻る道中でツバメのフ◯を浴びてしまって大変げんなりしておりまして、何か気晴らしにカフェでも寄るか!と思っていたところにこのお店が現れたのです。これはもう神のお告げと思うことにしていざ入店。

この日はこの時期としてはけっこう暖かく時折汗ばむ陽気で、入店前にずっと歩いていたこともあり注文の品はアイスコーヒーに即決。

f0263864_11191650.jpg
自家焙煎アイスコーヒーのケーキセットを発注。セットで税込659円。ケーキが単体で400円程度、コーヒーは単体で370円なので、ケーキセットでコーヒーを発注するとコーヒーが100円以上お得に飲めるというのもポイントです。
セットのケーキはホワイトチョコホイップがたっぷり乗ったチョコケーキです。(メニュー名は失念...)
各地に展開するチェーン店かと一瞬思いましたが、どうやら千葉県北西部を中心に展開するお店のようです。千葉県と茨城県のみの展開なので、そちら方面に行かないと味わえないというのも1つの楽しみですね。

肝心の味ですが、ケーキもコーヒーももう文句の付けようがないくらいに質の高い味わいでした。

f0263864_17341426.jpg
ケーキはホワイトチョコと通常のチョコが2層になっており、どちらも甘さ控え目の上品な味わいでした。最近特に甘いものが苦手になりつつある自分にはドストライクでした。





f0263864_23200881.jpg
お次にメインのコーヒーについて。(当写真は2杯目です)
飲む前にまずは見た目を見て、香りを楽しんだ後に一口。正直一口味わった瞬間に驚愕しました。
飲む前に薄々感じていたものの、予想通り「苦くない系コーヒー」でした。
一般的なコーヒーチェーンは深煎り豆が流行りのようですが、今回のコーヒーは明らかにそれらとは違い苦み抑えめで、かつ香りは自家焙煎だけありとても香ばしくフレッシュなものでした。テイストバランスはバランス型ながらも若干酸味寄り、比較的苦味抑えめな豆ながらも適度な濃さはしっかり保つ辺り本当に素材勝負な感じ。
2杯目もいってしまう辺りもうゾッコンでした。


これを飲んで以降、缶コーヒーやタリーズのコーヒーなどを飲みましたが、そこまで美味しく感じなかったのでやはりイデカフェの味が忘れられないくらい強く印象に残っていたようです。

これからは有名チェーンもさることながら、こうした地域に根ざしたカフェを見つけてそれぞれの店の違いを味わっていけたらなと思います。

[PR]
# by eastjapanzero | 2017-05-05 23:18 | 食レポ・コーヒーレポ | Comments(0)